DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2007/04/14(土)   CATEGORY: 店主の宝物庫
彼岸花咲く町。
こばわ、桂月です。
今日は、めちゃいけのスペシャルがあっててラッキー★とか思ってたら
『志村動物園』があることを知り、これは母にバレちゃまずい・・とか考えてたらタイミング良く、CMがあってバレました・・・泣

んな訳で先程、チャンネル権をお渡ししました。。うぅっなかないもん!!
岡村さんーーッ!!見たかったよー!!しかも、祖母につまらないとか言われてややご立腹ですよ。

畜生。面白くないとか言いやがったな・・(心で起こる黒い物)
こっちにしては、面白いのに・・価値観の違いか・・。(曰く、邪気

そういえば、今日は歯医者さんに行ってきました。
左歯の虫歯をうぃーんと低周波で削りましたヨ。

ぇと、その間繰り広げられていた先生とのお話し。一部始終。
桂月、歯の型を採っているので喋れないまま話しが展開。
先生:「今日は、空が青いね~、でも昨日かな?この位の時間黒くて雨降ってたけど」
桂月:頷き。
先生:「こんな空が青いと仕事したくないよなー。俺何してんだろうとか思うもん。あっ、雨が降ってたら憂鬱だけど」
桂月:更に頷き。
助士さん:「それだったら仕事できませんよー」
先生:「それもそうだってねー、はぃ、2分経ったね。採るよー」
桂月;口カパと開く。

・・桂月は喋れませんでした、ていうか頷き人形に2分間なっていました。
しかも、助士サンから歯の銀歯をやっている時、ほったらかしにされてて
『こげぱん』みたいにやさぐれてやろうかと思いました。真面目に。

まぁ、こういう生活を今日送っていたわけですが、いよいよペルソナが来週な訳です・・嬉しいですねー。真田先輩!!あっ、『SAMURAI7』のゲームもあるんですよね!!ぅわー米侍みたいなー。ぃぃなー。
後、『SUMONNIGHT4』もプッシュですよ!!←心温まるストーリです!
しかも。黒星紅白先生が絵を担当されているのでキャラが可愛いです。

どうぞ、検索してみてくださいな。

それでは、お粗末さまでした?
ぇ、とスクロールプリーズ物?みたいな。
前回のタイトルが何か来たっぽいので。興味ある方はどぞ。

小さな小さな森。だけども人からすればとても大きな森が一つありました。
その森の近くには小さな集落が在り、人が毎日を過ごしていました。
ですが、その森にはある神様が住んでいるそうなのです。
そして、今宵。彼は、その森にきたのでした。

「ふわーーーーっ、大きいなぁ。けど、帰り道どこだろう」
最初は感動していて、けど最後は本当に困っているような声でした。
彼は、小さな集落の着物を着て足を引きずりながら歩いていました。

「何で、あんな所で扱けちゃったんだろうなぁ・・ドジだなぁ」
光のさす方向を見れば赤に染まりつつありました。
「もうすぐ夕暮れかぁ・・やばいなぁ・・ここってあの森だしなぁ」
『ここの森には、とある神様が住んでいます。その神様は隠し神様です。
ある日に人を攫いその後は、皆知りません。』
と念を大人たちから押された森。

「うぅ・・怖いよぉ」少し泣きそうになっているようでした。
そう言っていると彼よりも高く太く聳え立つ木を見つけました。
「・・・うわ、大きいここの中心なのかな」
そう考えているとその木のそばに赤い服を着た人が居る事に気づきました。
「・・・?あの」声をかけるとその人はとても驚いていました。
「あれ・・・君も迷ったんじゃないの??」
彼がそこに居る事に、その人は悩んでいるようでした。
「どうしてあの村の人がここにいるの」その人は問いました。
「あの、崖から落ちて足怪我しちゃったんだ、帰り道を探しているんだけど、君は知ってる?」
「貴方、ここの森が何の為にあるか知らないの?私が誰だか知らないの?」
「・・隠し神様が居るところで、君は僕と同じ迷子じゃないの?」
その人はいを決したように口を開きました。
「ここは隠し神の住まう処。そして私は隠し神」
たんと、切り出された言葉に彼は呆然としているようでした。

「えっ・・隠し神様?」
「いかにも、私は隠し神・・けど今宵は日にちが違うから攫わない」
「・・いいの?攫わなくて、隠し神様なんでしょう?」
「攫ったら又私は怪物になってしまうから攫わない。」
少年は・・じっくり考えそしてポンと手を打ちました。

「今度又ここに遊びに来るよ」

そういうと隠し神様は、何とも哀しい顔をして泣いていました。
けれど、どこかその心は人の様に、あたたかい心でした。


どうでしょうか、っていうかめちゃくちゃ長い。もしかしたら消すやも・・?
読んでくれた方お疲れ様です。

お粗末さまでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

静夢 | URL | 2007/04/15(日) 13:49 [編集]
Yes!スクロールプリーズ!

我家も志村動物園で盛り上がってる人が。
しかもそれが親だったりする。
ど~もおいらはテレビ見て盛り上がるというのが苦手っす・・・。
これも常に客観的に物事を見る習性があるからなんだろうな。
ツッコミならガツガツ入れられるんだけどね(笑)

「ライダー」と言えば。
奥田民夫の曲にも何とかライダーというのあったような。
はぃ、ポルノでは全然ないだすね(笑)

桂月 | URL | 2007/04/15(日) 14:21 [編集]
おおぉおぉおっ!!すれ違い人生!!
静夢様。
ちょっとすれ違いっぽいですねぇ・・。
あんまり志村動物園を楽しめない子でごめんなさいデス。
多分・・親の世代になってくると動物や植物に癒されてくるんだろうなぁ・・と言う事で自分は納得させてるんですけど。

奥田民夫さんのですか・・?何かタイトルだけ聞いたことあるような無いような。
ポルノは詩がいいんだよな・・ポルノのらいぶツアーDVDが
ちょっと欲しかったりする自分がいます。
6000何ぼ!!ペルソナと同じくらいのお値段ですね。
単独起動版じゃない方。

うぅ・・生歌聴きたいよー!!!

それでは、お粗末さまでした。
Copyright © 真夜中安息. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。