DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2007/08/26(日)   CATEGORY: 店主の宝物庫
丸秘。
例のブツです。普通のブログではありませんのでご注意。

今日の分はここの下にあります、では。


翁は後ろでオルトロスと同級生がじゃれ合っているのを軽くシカトしながらも
携帯をいじっていた。

どうにかあの携帯サイト『黒電波』の道が無いかを探していた。

どうにも状況的には不作過ぎて泣けてきそうだった。

ベチィッ!!

「あっ、おーい大丈夫かー?」 同級生が聞いてきた。

「「「TRYY?」」」 オルトロスまで何か言ってる。

携帯はそのまま利き手のままで空いている手で自分の顔にべたりと引っ付いている紙ッぺらを剥ぎ取る。

「なんだこれ・・?チラシ・・?いや広告か。」
「あんまり変わんないんじゃねーの?チラシと広告って」・・煩い。

見出しはこうだった

『―今世紀、グローズ社がお届けします。
 期待のホープ・ハーベスト。彼はピッザ配達人で在り、わが社のお届け物
 最速記録の保持者でもあります。

 ピッザ?ああそれも稀にお届けいたします。他の物という者全て彼にかかれ ば最高のタイムでお届けいたします。

 どうぞ、ご期待あれ』

「グローズ社かぁ・・聞いた事無いな。」同級生が言っている。
「俺もだな。それよりも気になるのは・・寧ろこのハーベストとかいう奴だ」

「ぇっ、お前ピザに時間こだわんの?」
「ソコじゃない、馬鹿かお前は。」 後ろでうっという声が聞こえたが無視だ

「寧ろ俺が気になるのは、こいつが運ぶ物という者っていう所と――」

「ところと?」

「こいつの足・・だな」


今日もどこかで美味しいピザの匂いそして、風を斬る誰かの足音が聞こえる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © 真夜中安息. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。