DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/02/29(金)   CATEGORY: 未分類
彼の性分。
それから『彼』を中心とし、私の周りを影が囲む。

どろり、という擬音語がつきそうなぐらい深く、暗く、何処までも――――音の無い世界。

「『サイレント・フィールド』ねぇ・・まぁドッチでも良いんだよ。僕がここへやってきた理由は単純なんだよ。誰よりもね。

君がサクサクッとコッチに居なくさせた人たちはね、僕の『取引』相手だったんだよ。まぁ、本来だったら、この後僕の所へ『報酬金』が入ってくるはず・・だった。

でも、君が居なくさせちゃったせいで?『報酬金』は無し。家族にも払う気は無い。

だけどねぇ、僕はこの世で一番唯働きなんて大ッ嫌いだからね。」

と一回区切ってみせた。

「だから、こうしようと思ってね。僕が取引相手から貰うはずだった『報酬金』をソイツから貰おうってネ。

けど・・よくよく考えたら『払う』なんてことしないだろうし・・もうやめようと思って。」

タラリ、と額から冷や汗が落ち、『影の海』へと落ちるのが『ゆっくり』と感じられる。

「・・私を・・消す気ですか。」

自分でも馬鹿げている答えだと思った、何しろそんな報いは受けて当然なのだし。

だけど、そうはなりたくなかった。

「――最初・・はね。でも今こうしているのは君を逃がさない為だよ。

理由としては、これから来る僕が目をかけている『処刑人』の・・時間稼ぎな訳だから。

安心して良いよ、僕は消す気なんてないしね。決めるのは・・僕、メルカトルに仕える『処刑人』さ。

結局の所、僕はもう『気持ち』とかそんな物にも無縁なんだから。」

と、笑う。その笑みは何処かで見たことがある笑みだった。

そう、あの修道院で出会ったあの人のようだった―――――――――。

Re;shadow sea
こんばんは・・桂月です。ふっふふふふ((コメの壊れ具合の延長線上です。

某『TOA』ですが・・チョット前まで桂月は『迷子』でした。

ですが・・とある方法によりその『迷子』を打開。

さあ、一体どんな手を使ったでしょう??

①奇跡的に、見つけれた。

②レッツ検索。

③友達に聞いてみたりした。
 ③母さんにナビゲートしてたら母さんが発見した。
((※あらゆる手を使うと、答えが見えてきたり見えてこなかったり。)

という訳で、答えを見つけた方はプチ・天才。

そんなこんなで『デオ峠』着いたのは良いんですが・・あの人勝てないって!!何あの人!!

弾丸とか・・飛び道具とか卑怯じゃないのッ笑゛。という感じです。。

で、何故にウチのガイ君はレベルが皆よか低いんだろうか・・あの母さんに任せていた10分間に何があった・・滝汗。

そんな訳でまたもや惨敗中。。。

うえええええええええんっ!!いいもんっ!頑張るもん!もうあれだよ??負けに負けたらK/Hに浮気するもの!!だから・・構わないわ!いつか、クリアできるのなら!!

序でに言うと、このゲーム、身内の方々から『ツン/デレ』の代名詞っぽく言われてるんだから!

誰がツンデレかって??そりゃ勿論主人公デス!!色んな意味含めてツンデレなんだから!

だから、最初吹きそうになったけど・・我慢したんだもの!

(※ご乱心中なのでアマリ気になさらず。。)

欲を深めて言うと何か最近『K/H』と『スペ/クト/ラル』と『旋光の輪舞』への応援も高まり中だよ。

皆ゲーショップで見つけたらほくそえんでくれると良いよ。

ちなみにいうと、3つとも、機種違うんだよ。笑゛。困ったよ。

最近ゲーよりも動画にハマっているせいか・・イマイチ来ませんがもうすぐ何か来る予感。ワクワク。

それでは、お粗末!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

静夢 | URL | 2008/03/01(土) 13:30 [編集]
おひゃよ~。
また強風が襲来してるでごじゃる・・・。

んで答えは①とみたぁ~!
やっぱ世の中奇跡を期待だしょう(笑)
サイトだとマップまで出てるとこは少ないし。
聞いちゃうと必要以上の情報が入ってガッカリだし。
アビスはツンデレ系でござったか。
こっちはボケツッコミ系でござる。
製作チームが違うと内容がガラリと変わりますな。

桂月 | URL | 2008/03/01(土) 21:00 [編集]
はっはっは!!こんばんは桂月です。

①・・ですか??ファイナルアンサー??といいつつも実は隠れ③番ですよ~。
③の友達に聞いてみたりしたの下をクリックしたまんまひっぱるとお答えが。

いやー・・まじに攻略系のサイトはあんまり・・と言ったところでおおまかな所しか載ってなかったので。
攻略サイトの掲示板の中に同じ場所迷っている同士を見つけその人に教えている方のナビゲーションを伝えると

発見されました・・母さんが。笑゛。

質問をしていた方と丁寧に教えていた方に感謝。

ツンデレらしいですよ~、ただいま主人公皆に呆れ気味です・・で、また海のど真ん中で迷子になってマス。

私も母さんに『また、迷子か!?』って呆れられてます。。

仕方ないじゃない。人間だもの。笑゛。

お粗末!
Copyright © 真夜中安息. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。