DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/05/29(木)   CATEGORY: 店主の宝物庫
君の通った道がとても。
夕焼け、日に染まる自分の瞼の奥の世界。

たった一つでも、いとおしいと思える世界。

そんな光景を瞼に焼き付けながらもギルディズはぼんやりと窓枠越しに体を乗らせうとうとしていた。

「夕暮れ時なのに・・なんでこんなに眠くなるんだか。」

ぼんやりと、赤く頼んでも居ないのに染まっていくオレンジ色。

「さすがに、この時期は『白の庭』も『夕焼け』色か・・」

「うん、そうだね。」


「いつの間にやってきた、メルカトル」

左を見ればいつの間にやらやってきた自分の雇い主。肩越しにサッパリと切っている髪の毛に鳥の羽が一枚飾りとしてつけられ片手には何時もどおりみょうちくりんな花束。

「さっきだよ、書類の罠から抜け出してね!もうすぐ夕食時だろう・・?食べないと損じゃないか!」

「・・、そうか。」

「突っ込まないねー・・元気が無いのかそれとも。黄昏時に感動しているのかい?ギルディズ」

「あんまり感動って言う気持ちが分からない。」

「おや、珍しい。まあ僕も人のことは言えないけどもね、確か感動ってのはこんな感じらしいよ。」

「どんな?」

よろしい、という顔をしながら赤に染まる太陽を瀬ににこり、と微笑みながらこう言って見せた。

『世界が何かにより染まる時や心の奥底にある記憶。

誰かが、其処を通った――――――――証。

そんなときに僕等は感動する』

Re:at dusk
こんばんはー・・桂月です・・見事に疲れました。

文化祭の用意ってこんなに大変でしたっけ??あれ??

とりあえず、文化祭美術部の所に侵入する予定です。。わーいわーい!!

桂月いっきまーす!!

というか、何気に最近これの用意のためなのかみんなお疲れモード。。

だるいっすね・・はは・・若くないからなのか。いや、若いけど。まだ10代だけど!!

文化祭終わるまで頑張ろうね!!

アイスを当日食べるか食べないかで悩んでおります・・友達が買ってるからうん。

人が食べているのを見たら美味しく見えちゃうんだよ。な図。

・・・ぶっちゃけ美味しそうに見えません??

これなんだろう、集団心理とかそういう感じなんだろうか。なんなんでしょうね・・??

あと、日がたつに連れて訪れるこのp4ネタ。

・・ぐおおおお!!皆仲良しこよしで縁側でスイカ食ってるよぉおおおお!!感動。

これって、田舎っていうシチュだから余計良いんだろうなと思います。

早く日にち来ないかなwwというか、私未だに今週のwjとサンデー読んでません・・泣゛。

あったら絶対読みたいよぉおお!!

お粗末様でした
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

静夢 | URL | 2008/05/30(金) 13:10 [編集]
おひゃよ~ごじゃいまふ。
今日はレイニーブルーでやんす。

文化祭の準備お疲れ様でごじゃる。
準備がこんなに大変かと問われても。
おいらは文化祭というものが小学校のとき以来ないので。
そのときの大変さでよければ報告しますが(笑)
当時は3日くらい前からは放課後遅くまで準備してた記憶が。
今思ふと何張り切ってたんだと思ふが(笑)

不良の坊さんクリアしまひただ。
てなわけで詳細をチョろっと。
坊さんは人生について語り始め。
あるとき自分の人生に疑問を感じて。
最終的には別居中に奥さんに謝りに行くという話しでござった。
この坊さん何気に良いことを言うだすよね。
「人生一生懸命頑張っても意味が無い。適度に頑張れば良いんだ。」
「何故なら一生懸命頑張っても結局は他人に邪魔をされるから」
人間とは一人では生きていけないから必ず邪魔が入るということだすな。
だからほどほどに頑張れば良いんだと。
すげぇ~確信を付いてると納得しちゃいまひただ。
私はただ、生きていくだけなのね。
桂月 | URL | 2008/05/30(金) 19:26 [編集]
こんばんはww

2年生になりましてはじめて6時帰宅。。

つっつつかれたー!!
ほうほう、小学校の頃は文化祭というよりもバザーでしたね。食べ物チケットを前もって買って食べてほとんどPTAがやっていてくれたので私たちは楽でしたが。

えっ・・お坊さんというかあの人奥さんいたんですね!
びっくりです。何かドラマCDで『若いお姉ちゃんたちとお酒飲む場所。』へ行く発言をしていたので。。

でもこの人の言う事は静かに頷けますね。やっぱりお坊さんだけあって。笑゛。
というよりも、主人公が出会う人たちは、一つ確かなことを行っているんだと思います。それぞれの生きた道に正直だなと思っています。
素敵ですよね・・正直生きる事は何だかんだ言っても難しい事な訳ですし。
ある意味、この話の中で共感できた人たちは自分がこういきたいっていう人物なんでしょうね。

となると・・、私は太陽と節制にカナリ引かれたのですが・・およよ??
Copyright © 真夜中安息. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。