DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/08/22(金)   CATEGORY: 未分類
だって、ほら僕はこうだから。
以下、困ったサンたち劇場。

プリチネッラは陽気に歩いていた、人はどう彼を見ているのかは分らないが、陽気に。

すると、一角にあるカフェのところに見たことのある後ろ姿を見て余計彼は嬉しそうにその後ろ姿へと駆け寄った。だが、途中でぱたりと気配を消して近寄った。

「わあっ!!「ふぇっ・・うわあああああああ!!」と、一拍置いてピエロはプリチネッラにおどかされた

「何時もながらにいい反応だね、ピエロ」とプリチネッラは意気揚揚という感じで微笑んだように見えた。彼の目のある部分には前髪があり殆ど表情が見えないのだ。

「・・・・本当に・・びっくりしました・・」とピエロは心臓部分へと手を当てプリチネッラを悲壮そうな顔をしてみていた。

「あんまり驚かせるつもりは無かったんだけどね?」というプリチネッラを見てピエロは

「良いですよ、私も驚きすぎましたから」と彼の欲しくない返答が帰って来た。

「ピエロ、其処は嘘だと思わなくちゃ。僕はほら吹きなんだから。」

「私も内気ですから・・」と彼女は寂しそうに微笑んだ。最初会った時から彼女はこうだったなあと思うと、ピエロの目元が微かだが赤いことに気づいた。

「誰かに泣かされたの?」と、真正面過ぎるくらいにプリチネッラは尋ねた。

ピエロはどうしようと言う顔をしながら「えと・・その」と言葉が見つからないようだったので。

「嗚呼、悩んでて自分がダメに思えてきてそれを言ったらあの三人に色々説かれたんだね」とプリチネッラは言った。主に、あの三人とは、楽師であったり召使いであったりなのだが。

「・・相変わらずすごいのね、プリチネッラ。でも、もう納得できたから・・」

「納得したって顔には見えないけどなあ・・まあピエロがそう思いたいのなら良いけれど。あんまり考えすぎると毒だよ。」 「ブリゲーラもそう言ってた」と彼女は苦笑した。

「だろうねえ、嗚呼そうだ一緒にメッツェティーノのところに食事をしに行かないかい?口は五月蝿いけれど飯はうまいよ。」とプリチネッラは言った。

「いきなり行って大丈夫なの・・?」とピエロは心配そうに言う。

「大丈夫、あいつは一人で食べるのが少しダメなんだ一緒に食事する人がいると喜ぶし、さあ行こう」
と、プリチネッラが手を出した。

少し間をおいてピエロはそれを取った。

『嗚呼、お節介じゃ・・無いんだね。』と思いながらピエロはプリチネッラの話に耳を傾けた。

Re:Those who clown and braggart.
((↑道化者とほら吹き。

大体、即興劇はこんな感じです。。えっ、皆5人とも会った・・よ・・ね?あれ。間があきすぎて微妙ですよ・・!!

昨日の天気予報で、今日は午後から雨に見舞われると聞いていたので傘を持って行ったんですが。

朝から電車が20分遅れとか悲惨な事になっていましたよ。どういうことだああ?!

しかも学校のある方の駅は快速が止まらないアンド手前の駅で止まるとか言うのがあって。

この場合後者の後にすぐ何時も乗っている電車が来たのでよかったんですけど・・最後の最後でとんでもないのが来たんで友達と吃驚してました。

それで帰り道駅に無事着いて借りてた小説を待ち時間で読んでたらいつの間にか雨がさあさあ降ってました・・!!

『・・・・マジで傘持ってきてて良かった(:´д`)⊆』

もう少しでずぶ濡れ鼠一直線だったよ!!
さて、来週から真面目な学校始まりますよ・・最悪ですよ・・・・、まだ夏は終わってないぞー・・。
8月一杯まであそばせてくれれば良いよ。((願望か。

そういや、京極:じょろう編読み終わりましたー!!うおお、やっと読み終わったよ。
ねた。

・榎木津サン堂々と理事長質で寝るの段。((ぁ。

・木場サン・・・・・!!こういう刑事は居て欲しい刑事さん。

・京極さん相変わらず脳内イメージが芥川龍之介さん。

・関口今回あんまり出番って言う出番がなかったな・・そういや。


要約するとこんな感じ。この巻とか結構好きです。

今その次の巻を呼んでいますが・・探偵が出なさそうな気配が・・えっ、出ない?これ?

というか、あにめ化すごいこの傍若無人な探偵を誰がやるのか気になります。後、京極。

結構ここ二人、大事だしね・・イメージがつかない・・すごいつかない。

メインっていったら関口さんもなんだけど・・この人もつかないな。。10月が待ち遠しいです。

何か、今日の半分を↑が取りましたが・・大事無いです。((笑顔。

それでは、お粗末様でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

静夢 | URL | 2008/08/23(土) 12:00 [編集]
おひゃよ~。
今日は涼しいというより寒い・・・。

待ち時間に読書っすか!?偉いっすね。
おいらは一度もそんなことをしたことないだすぞぉ~。
あるのはジャンプとかを読んでたくらい(爆)
小説を読んでると活字嫌いにならないから良いだすな。
ちなみに朝も読めるくらい空いてる?
こっちは尋常じゃないくらいのラッシュなので。
そ~いう行動はほぼ不可能であったりする。
だから大概の人が寝てたりするのよね。
それでも意地で新聞を読んでるおっちゃんがたまにいるが(笑)

桂月 | URL | 2008/08/23(土) 19:52 [編集]
こんばんは。

いやー・・駅に到着したのが20分ちょっとすぎで次の電車が45分・・かなりの時間が空いてて時間潰すにも回りに何も無いので・・ああそういえば本あったなーって感じで読んでました。
私もジャンプ持ってたら多分読んでますね^^
朝はさすがに眠い+座らない事が多いので読んでません~。
大概新聞持っている人って上に忘れていってしまいますよね・・帰りの電車でよくその日の新聞とかジャンプがおいてあって・・あっ、ジャンプだ!!とか反応してまス((爆。

2枚組有難う御座います!!今日見たんですが・・ぺるそなtsですね!!見た瞬間PC前でガッツポーズ取りました・・((恥。
えと・・軽い質問なんですけど、コレ見ている時動画じゃなくて・・こうふわんふわんの波が写っていてで、声が入っているという状況なんですけど・・これでいいんでしょうか?あれ??

兎にも角にも有難う御座いましたm(_  _)m
Copyright © 真夜中安息. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。