DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/11/07(金)   CATEGORY: 未分類
言葉にはできぬ。
―不見、不聴、不云。それはつまりで、この世の終わりと心得たり。

思い出せないなんて、一度も無かった。

小さなことだって、覚えていて忘れるなんてありえなかったのだ。

そう彼女、十月は。彼女がいつも病院で入退院を繰り返している理由は「血」だった。

彼女は、何年か前までは普通の人と変わらぬ「血」だった。

だが、突然彼女の「血」は変化した。突然変異とでも云うのだろうか。

今まで在る「血」から、未発見の「血」へと変化したのだった。

理由どころか、原因さえも不明だった。

そして、彼女の突然変異した「血」は彼女しか持っていない。つまりでいえば、大きな怪我や手術になるほどの病気を患ってしまった場合―彼女は殆ど助からない。

彼女に見合う「血」が無いのだ。病院側も、そんな事態に対応すべく何ヶ月か、それか何週間かに1回は入院をして、検査をする。

だから、だ。彼女は殆ど体も悪くは無い、けれど危険性はどの患者よりも高いのだ。

だが、彼女はこの話を医師から告げられた時微笑んでこう言った。

『平気ですよ、きっと。根拠は無いです。けど、私まだ生きたいと思っていますから。』

『生きたいってどんな言葉よりも強い言葉ですよ。』と。

それが、十月という女性であった。

だが、彼女は「血」以外全く持って問題ないのである。なのに、今日のことだ。

『本当に・・・・母さんは一体どうなっているんだろうな』 

目羽は一人、ベランダから空を覗いた。綺麗な黄昏時だった。

Re:bloody and
((↑血と。

今晩和!若干急いで打っております・・!!

いやー・・、何をどうしたんでしょうね。わたくし。

気づけば図書館から借りた本が家にえーと・・7冊あります。((

不思議ですね。((不思議じゃねえ。

概容が、バッテリー 著:あさのあつこサン

百鬼徒然袋―風   著;京極夏彦

ニック・シャドウの真夜中の図書館 3・4・5  著:ニック・シャドウ


ええ・・・・不思議ですね、本当((ry

一応上二つは読み終えましたー・・いやー・・京極堂のは昨日pc打ちながら読んでいたんですけど、片手で読んでたのですが相手は600ページ近くの本・・分が悪いよね(*´▽`*

プルプルしてました。((無茶振り。

ニックが、実は昨日1年生が読んでいるのを発見して・・はっ!!((気づいた。))みたいな感じになりまして、朝司書の先生に聞いたら時既に遅しで3冊借りられていました。((笑顔。

畜生・・!!やるな1年生!!とりあえず、明日漢検終わってからじっくり読みたいです!

それでは、何か本話でお粗末です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

静夢 | URL | 2008/11/08(土) 12:10 [編集]
おひゃよ~。
今日はレイン。さみぃ~。

何を急ぐうさぎさん。
と思ったら図書館の本のストックが7冊!?
こりゃ気合入れて読まなくては(笑)
そして全部ま~たく分からないっす(爆)
バッテリーという漫画はあったようななかったようなだけど。
それとは全然関係なさそうな雰囲気。

って今日は漢検だすか!?
ぎゃんばれぇ~!目指すは100点満点。
最近クイズ番組が増えてこ~いうの受験する人増えてそう。
会場をよく見渡すと芸能人がいたりして(笑)

桂月 | URL | 2008/11/08(土) 19:07 [編集]
急がなきゃ駄目追い越されるぜ、かめさん。((←

いやはや、何とか全部読み終わりました。((笑顔。

帰ってから読んでなかった『真夜中の図書館』を3冊読んでましたが・・やっぱり報われない子たちが可哀想でならんのでした・・orz

友達が私が3冊借りてきたら『私も借りたかったのに!』と嘆いていたので、フォーユーすることにします。

バッテリーの方は確か、漫画でありましたよ。少女漫画の方?で連載中っす。

はい!応援有難う御座います~ヾ(*≧▽)ノ
200点満点中の8割?合格だった気がします。
ですよね・・クイズクイズ・・してて偶に飽きますけど・・、何か一人突っ走っているようなそんな日本の国風が好きです。
結構外国のテレビに比べて日本のテレビ内容って充実してるっていうか・・おかたくないと言うか。そんな気がしてます。アニメもみれますしね!((←そこか。

それでは、お粗末様でした!
Copyright © 真夜中安息. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。