DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/02/28(土)   CATEGORY: 店主の宝物庫
刑死者の戯言。
―ああ、怖いね。怖いね、真っ白なものが全部、僕の大事な者を掻っ攫っていく。

「で、これで貴族会に頼まれた仕事は終わったのか?」
と聞いた長髪の赤紫色の髪に腰にはレイピアを吊るしたギルディズ。

「・・・・・大体契約書に書かれている事は納得できるけどねえ」
まだ不服だ、と言わんばかりに眉根に皺を寄せて思案顔をするメルカトル。

「何が不満なんだ、大物には会えたし契約もこぎつけた。万万歳だろう」

「万万歳ね、まあそりゃあそうだけど。相手を良く考えて御覧よ?切れ者だと、町の皆が誇って言うヴァーミリオン市長様が貴族にほいっ、と簡単に契約書を渡す相手じゃない気がするんだけどね。」

「考えすぎじゃないのか?」
「世の中考えすぎて損する事はあまり無さそうだよ」

「それは、あれか。俺にもう少し物を考えろとかそういう暗示か」
「それは深読みのし過ぎだよ。」

「何が違うっていうんだ」
「いいかい?考えすぎるってことは、あるいくつかの考えを絞るんだよ。けどね、深読みっていうのは、どんどん自分で答えを無尽蔵に増やしていく事さ。」

「・・・・おお!」 「納得したみたいだね」

「でもそうだとしても、やっぱり考えすぎじゃないか?こっちに不利になる事は少ないだろう」
「まあね、フィアグレンデが買った分の薪の根の半分をコチラが負担する。かなり紳士的だ。けど、それを差し引いたって可笑しい物は可笑しい。」
上空を見上げるメルカトルにつられ、上を見ると真っ白な雪がひらひらと降ってきている。
例によって、何が、と尋ねる。

「一つ彼らが薪の値を僕らが買おうとしたのを阻止したのに、こんなにあっさりと手渡したのは何故か。二つ目、どうしてこんなにも雪が降っているんだろう。」
最初の事は理解する事が出来たが、二つ目はあまりにも突拍子な事だった。

「・・・・・そりゃあ変化したんだろう気象が」
「ギルディズ気象なんて、世界の概念がそうそうひっくり返る事は無いんだよ。」
メルカトルの言葉に呆気を取られ、素っ頓狂な声を上げると、本当さ、とメルカトルは言う。

「気象っていうのは僕らが今吸っている空気だったり感じている温度が作り出すものなんだ。だから、そんな世界の根っこみたいなものが簡単にひっくり返っていたら僕らは一溜りも無いじゃないか」

「じゃあ、何で?」 率直な質問だとギルディズは思った。

「それは僕にもまだ分からない」 
「・・・・それじゃ駄目だろうが。」

「だから悩んでるんだよ。全く嫌だよねえ、沢山悩むと頭がどうにも寒い気がしてならないよ。」
ボソッと禿げてしまえばいいと云うと、何か言ったかい?と今にも人をどうにかしそうな笑みを浮かべているので、何でもない、と答える。

「とりあえず調べてみようかな。契約書は手に入れたけど、どうにも後々まずい気がするからね。一応言うけど、ギルディズ君もだよ」

「・・・分かってる!」 
怒って言うと『そう来なくちゃね』とこの状況を明らかに楽しんでいるメルカトルの声が聞こえた。

Re:Story of love that cannot be talked all one's life.
((↑一生語りきれない愛の話。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

静夢 | URL | 2009/03/01(日) 12:20 [編集]
おひゃよ~。
昨日今日と晴れ間が覗いておりまふ。
晴れって良いっすな。
欲を言うともうちょっと暖かいと嬉しいのだが(笑)

つ、つ、つ、ついにきまひたね。
7ドラ発売ウィークでっせ。
もうハートの準備はでけてるかしらん?

えっ~と、寛二ってあっち系の人なんだすね(笑)
あの熊にすらドン引きされる有様。
まぁ、褌一丁で走り回ってるから当たり前?
此処のダンジョンから少し長くなってきた印象。
最上階にたどり着いたら終了しようと思って潜ったら。
1時間くらい時間を費やしてしもうた(爆)
ダンジョンといえば前作と違うのは。
下層に戻れるって便利で良いっすね。
クエストアイテムを取りに行くのに役に立つべさ。

桂月 | URL | 2009/03/01(日) 14:04 [編集]
今日和、無事休日出勤終わって明日・明後日とお休みですーふはー幸せ―・・(*´▽`*)

つ、ついにきたああああ!発売週ですよ!どうしましょう!?
ちなみに前回発売日が水曜日だとか言ってましたけど、すいません木曜日でした・・人(´д`;)
木曜日だったら私素で6時過ぎですね・・8時限授業だと思うので・・わー・・(;´Д`)

完二と会えたみたいで。笑。
私も最初のふんどし一兆姿に、お前どうした!と突っ込んだ記憶が。。
意外と、あそこのダンジョンは長いですからね。しかも、通路が似たり寄ったりで・・スネチャマアアアアア!!((※すねお。
そうなんですよね、下の階に自由に戻れたりしてかなり便利になりました。セーブコーナがまだ見つからない時とかカナリ重宝できます・・!
Copyright © 真夜中安息. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。