DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/03/09(月)   CATEGORY: 店主の宝物庫
崩れゆく塔の中で。
―誰でもない貴方が、知らない事を、知りなさい。

雪に足を取られながらギルディズは市長館に向かっていた。あの市長室の廊下に並んだ一つが気になったからだ。

会う予定云々は前回の事から、メルカトルの横暴さを見習い強行突破で行こうと思っていた。というよりそれしか方法が無い。それに、自分の目的はあれを作った人の名前を見る事だった。

足音がこの無音な世界では良く響き『真冬』計画の意味とはなんだったんだろうと考えていた。

市長館に入ると人自体が居なかった為先に進んだ。早足で進めばあっと言う間に、目的の場所に到着した。

そして水晶玉のような透明の玉に小型の家や木、愉しげな子供たちの人形が入っておりその頭上から真っ白な粉雪が当ても無く降ってくる本当に種も仕掛けも無いといえそうなオモチャ。

それの前に陳列してあるプレートを見ると其処には・・・

「どうかしたのかね?」 「っ!!」 驚いて半回転すると、ヴァーミリオン・ビネガーが居た。

「・・すまないね驚かしてしまったようだ。何か契約書に不手際でも?」

「いや、これが珍しい物だったんで・・出国する前にもう一度見たかっただけだ」
そう言うと、彼はほとほと生気の無くなった顔に笑みを灯しそうか、と言った。

「一つ、こちらから質問しても言いかい?」

「君は、貴族人が好きかね?」 
生気の無い表情は言った。それとは逆にギルディズの顔には、驚愕が浮かんでいた。

突然その質問の答えは決まっているのにも関わらずギルディズは迷った。
どう、答えるかよりも、今の自分の気持ちがどうなのか、に。

「言わなくても構わない、少し君は私に似ているからそうなのかもしれないと思っただけだから」

「どういう意味だ」 詰問調に言うと、彼は変わらず生気の無い表情を向けこう言った。

「君も、貴族人に大事な何かを奪われたのではないかと思ったのだよ。」

「・・あんたは誰かを・・・無くしたのか、」 驚愕の中で、やっと出た言葉はそんな物だった。

「私はやはり無くした・・・のだろうか、ね。」
無くした、その時の喪失感は説明しようの無い、人を、何へも変える訳の分からない力。

「・・・ああ、長話につき合わせてしまわせて済まなかったね。」
そう言って、彼は水晶玉を掴みギルディズに手渡した。

「えっ・・・・?」
「持って行きなさい、分かる者の所にある方がそれを作った人は喜ぶだろうから」

「それから、ここから速く貴族人と出国する事をお勧めする。あの貴族人は私が出会ってきた中で、一番変わっている貴族人だ、そして誰かを変える素質を持っている」
目の前に居る生気の感じられない男はそう威厳を持って断言した。

「おそらく彼は君にとって必要だ。君が、もし私と同じ痛みを抱いているなら、なおさら。」
やけに、その言葉はすとん、と心に落ちた。

ネームプレートに刻まれた名前は―ラズリという女性の名前だった。

Re;It is your courage that broke.
((↑壊れたのは貴方の勇気。

今晩和、桂月です。明後日は、入試なんですね!

中学3年生の皆頑張ってね!あんまり気負っちゃ駄目だよ!!浮かぶ物も浮かばないぜ!

あと、国語やる時とか首が痛くなるから気をつけて!!((←なんてアドバイス。

そう思ったら、受験科目って、国語に英語に数学に理科に社会と多いですよね。

ウチの学校にもどきどきしながら、受験生たちがくるのかあと思うと、応援してあげたい気持ちでいっぱいです。愉しいよ、高校生活!

集大成というのも、変だけれど自分が満足するまで一つ一つ諦めないで上げてください。

何事にも結果はついてしまいますが、出来上がった自分に悲観してあげると寂しいですし。

頑張れ、全国中学3年生!!


エールが終わりまして・・、ななどら今日はやっていないのであれな感じなんですけど。((※わびしい。

あっ、そういえば金・土曜とフラフラしてた友達が、どういう方法を使ったのか全快してました。

恐ろしいくらいの全快っぷりで思わず、「治ったのか?」と聞いてしまったほどでした。

いや、治る事はよいことですよ。そして、原因は一体なんだったのか・・・・不明です。

あっ、後昨日の日記でジェネラル~を図書館に頼んだ話をしましたがもう一個頼んできました。

貪欲な桂月略して貪桂。一発変換すると丼系となります。決して、どんぶりの種類みたいな意味じゃないです。

えと、山月記っていうのは知っていらっしゃるでしょうか?中島敦さんが書かれた小説なんですけど。
それを、現代小説風にかかれたものが出ていると聞きましてお願いさせて貰いました。

ホクホクで、幸せです。山月記は2年生で習った原文の中で一番なんだろう・・衝撃?って言ったら良いのか、それを受けた物です。なので、ちょっと読みたくなりまして・・。

題名は、ちょっとあやふやなのですが「虎と/月」だった気がします。興味が湧いた方は是非調べられてみる事をお勧めします。

それにしても・・・・3年生いっそのこと図書委員になっちゃえばいいんじゃないかと思ってきた今日この頃なんですがなっちゃおうかなー・・・。面白いぐらいに高校生活で読み漁っている気がします。

おそまつ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

静夢 | URL | 2009/03/10(火) 15:44 [編集]
ちょわっす!
久しぶりに晴れ間が覗いてきたっす。

今日は受験だべすか。
まぁ、せいぜいぎゃんばってくだはい(笑)
私立だと3教科。公立だと5教科。
というのが定番だべすな。
おいらは両方受験したけど3教科だけど(笑)
公立の方は普通の公立じゃなかったので。
私立のスタイルを取り入れた公立というのだしょうか。
昔から人と違うことをしたくてね。
だから私立も公立も同じ学校から。
受験した人は過去にもその当時にも誰もいなかった(笑)
もしかしたら今もいなかったりして?

やっとことさ林間学校が終わったでごじゃる。
カレー事件のオチはバレバレだすたね。
コミュをある程度進めてると読めてしまふ。
最後のモロキンのオチは読めなかったけど(笑)
そして未だに完二のコミュが発動せず。
あるバイトのコミュもあったんだすね。
バイトはスルーしてたのでこのまま終了するとこだったわさ~。

桂月 | URL | 2009/03/10(火) 17:22 [編集]
今日和!明日は受験生たちのお陰で、お休みです。ありがたや。

明日が高校の公立受験なんですよ。
私は、公立と県立の2つだけでしたー・・いや、あのときの公立も県立も駄目だったらどうしようという、気持ちが今でも思い出されます。
おや、私立のスタイルを取り入れた公立ですか・・結構珍しい部類ですよね。今は・・・居るかもしれませんね。笑。

林間学校カレー事件は、本当にコミュを進めた人間で無いと分かりませんしね。モロキンは何から何まで期待を見事に裏切ってくれるというか・・、あの出っ歯をへし折ってやりたいという気持ちになるのも、そんなことからですからかね。((←^し^
そうなんですよー、でも私そのコミュ自体発動せずに終わってしまいました・・やっちまったZE!!としばらくして気付きました。((遅。
Copyright © 真夜中安息. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。