DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/04/26(日)   CATEGORY: 未分類
囁きレイン。
―果て無き道に続くのは、わずかばかりな慈悲。

男は、名を語らないでいた。

というより、語ったのに周りには聞こえなかったが為にそう思われた。

そして、それに対して男は抗議の声も上げなかった。

上げたくとも、男の声は余りにも小さく囁いているようなものだったので周りのものの声にかき消されてしまうからだ。

なら、だれが男の話を聞いてくれるだろう。

人、という以外の生き物だろうか?答えはノーだ。

彼らは先ず、男の言葉を知らないし見ず知らずの動物に情けをかける場合でもないだろう。

よって、男の話はいまだ男しか知らないものに思えた。

だが、男の話を聞いてくれる男がいた。

男は舞台の脚本を書く事を職業としていた。そして、その舞台に度々その男が来るのだった。

名前は、確かアーサーと言っていた。

アーサーはエリオットという最近売れてきた若手の女優を見に来たらしいのだが、話も良いということで、男の元へとやって来たのだった。

それからはエリオットの舞台は必ずくるし、男が手がけたエリオットの出ていない舞台でも見に来る。男の話し相手となった。

時たま、エリオットとも話すのだが男の声が小さすぎて何度も聞き返しているうちに時間がなくなってしまう、がそれでもエリオットは男の元に話しにやってくる。

そう男がぼんやりと幕袖で今度の舞台の練習を思っていた。

「イサベラ!」
呼ばれた名前に男が反応すると、エリオットがこちらに駆け足をして歩いてきていた。

Re;A thing of a taciturn man and a certain story.
((↑無口な男のとある話。

3個目です~、気まぐれ→暴君→囁きと来ておりますが・・エリオットの話が最初だっただけに濃いかったな・・と思ってます。囁きは案外短く終わりました・・長く出来ない・・orz

そして昨日久しぶりにナナドラをプレイできまして・・!!

やっとジ・アースを倒せました!でも、山岳内に竜が何匹か残ってるので倒さなきゃ倒さなきゃ!と思っているんですが、あそこかなり入り組んでるんですよね・・めんどっちい。

んでもって、次に目指す竜は学士さんたちのところです。はっはーやっと来ましたよ!
何かルシェ王が恐ろしい事チラッと言ってたんですけど、まあ気にしない。

竜も多いんですが、私がフロワロ除去活動に専念してないせいで、地図のフロワロの赤の所がドバーッとあります・・うわーサボってきたつけがまわってきましたYO!!泣。

てか、まがじん読んで気付いたんですけど絶/望先/生第3弾あるって嘘?!まじで!?楽しみです・・!久遠君が出てくれればソレで結構満足だから!!

後昨日、33分探偵が終わったから新しいドラマがあってたのを見たんですけど。
「魔/女裁/判」 
これはいい作品!!裁判員精度を盛り込んでいるドラマなんですけども、中々に面白いですね。そして、最初から最後までKがクライマックスだっていう。見ものです。
まだ1話目なので、来週からでも充分いけると思います。どうぞ、興味ある方は土曜日見逃さないで上げてください!

後、最近アニBASARAにガツンとやられました。OPが西本君だなんて聞いてないww
コッチでも写ってるという情報を入手したので今週から録画に踏み切ろうかと思います。まさかの深夜だから^^

それでは、お粗末!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © 真夜中安息. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。