DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/07/07(火)   CATEGORY: 店主の宝物庫
七夕目録。
―ふかいあおのりゅうがうろこをいちまいおっことしていきました。

ふかいあおのりゅうはそのことにもきづかずどこぞへきえました。

ふかいあおのりゅうのうろこはやがておおきなほしのかわになりました。

「っていうのが私の国の七夕のお話しなんです」
長く黒い髪を揺らしながら、エリオットはカウンター席で食事を取っていた。

「地域によって七夕の伝承はやっぱりマチマチですね」
そういって、空になったコップに飲み物をイヴニアラが継ぎ足してくれた。

「そうなんですか?」
「意外と、ですけどね。」
エリオットは心の中で、不思議だなあと思いながら飲み物を飲む。

「それにこの国にいるだけでも、結構な数の七夕の話が聞けますよ?」
はたとして、イヴニアラを見るとニコリと微笑みながら説明する。

「この国は元々アーサーさんが一から興した国ですからこの国独自のっていう七夕の話はありませんけど、代わりにいろんな国から人がこちらに移住しているので、たくさん伝承があるんです。」

「へえー・・じゃあそのいろんな国の七夕の伝承の話を劇にしたら面白そうですね!」
そう言うと今度はイヴニアラがはたとした。

「何か拙い事言っちゃいましたか・・・私」
「そうじゃなくて、フランシスさんにその事いってみるといいと思いますよ、エリオット」
「・・・?えと、どうして?」
「多分その話進みますよ。幸い七夕まで日にちが何日かありますから、稽古場に戻って直ぐにでも提案してみると良いんじゃないんでしょうか?」

「そういえばあなたの国の七夕のお話はどんなお話だったの?」
「・・私の居た、国ですか?」
「よければ参考に聞かせて」
そう言うと彼女はカウンターの窓から漏れる木漏れ日を見ながら紡いだ。

『あるところに王さまがいました。王さまはひとりぼっちでした。王さまはふらふらと名前もない土地にすみました。そこへあるとき、一人の若人がやってきて王さまを見て言いました。

「あなたはしあわせになりたいですか?」王様は答えました。「あなたがかなえてくださるのですか」若人は答えました。「わたしはまほうつかいですから」王様は答えました。「なら、あなたがしあわせになってください。それでわたしはまんぞくです」若人は不思議がって尋ねました。「おうさまはねがいごとがないのですか」王様は言いました。「いいえ、あります。けれど叶える事の出来ない願いなのです」若人は言いました。「そのねがいをおっしゃってください。かなえてさしあげます」王様は言いました。「なら、しんだあにたちをいきかえらせてください。」

若人は困りましたがしばらく考えて言いました。「いきかえらせることはまほうつかいでもむずかしいですが、あなたのあにうえたちがあなたのそばにいれるよう一日だけそらにあなたのあにうえたちのたましいをよびましょう。そうすれば、あなたはそらをみあげれば、あなたのあにうえたちはそらをみさげればあうことができます。」王様は言いました。「せいいっぱいのやさしさをありがとう。」』

「っていう話をエリオットにしたんです」
「・・その王と魔法使いが直ぐに思い浮かんだんだが大丈夫なのか?イヴ」
「まあ・・・・本人達も怒らないんじゃないですかねえ・・多分」
「・・多分、な」

七夕まで、あと3時間。
Re:one king and one whitherd
((↑ある王様とある魔法使い。

イヴニアラの話の件が、全部平仮名でいこうと思ってましたがさすがに見づらかったので、ある所を除いて大体平仮名です。(台詞以外)

すごく久しぶりにブログを書いている気もしていますが、まあ・・よくあることですよね!

明日学校でクラスマッチがあります・・ううっ、そんな時期かあ・・!

私はソフトボールに出るんですが、あのボール普通に当たると痛いですね・・ヤバかったです。ていうか、バッドも予想以上に重かったです・・あれ毎日素振りしてたらすごい力瘤できそうです。

ていうか、雨だとか天気予報で言ってるんですけど本気で晴れて欲しい・・いや、晴れてください!

意外とソフトが楽しいことに気付きました、バッドは重いけど((おい。

あっ、後昨日学校から帰ってると、ばあちゃまにつかまりました ^p^

そのままラーメン食べにって来ましたYO!!中々新感覚のラーメン屋さんでした。

後、そのちょっとずれた所の前の店の名前が『雷蔵』っていう名前で、思わず写メりそうになりました・・^p^カッコいい名前だと、思ってはいましたが店名であると余計カッコいいな・・!

三郎とか名前のついた店が隣りにでも立ってくれると凄く嬉しい。

その帰りに、古本屋さんによって頂いてアイシールド21をわりかし綺麗で見たいやつを買ってきました・・!(9巻と28巻)物の見事な離れ加減です。本当は9・10を買おうと思ったんですが予想以上の10巻のくたびれ感に断念しました・・本を休ませてあげてな感じのくたびれ感。

これで判ると通り、最近何故かアメフト漫画にはまりました・・・・なぜ。

僕魔王久しぶりにプレイしてみたんですが、30分で終わりました。原因:世界図書館を舐めすぎてました・・・!!半端ないですねあの広さ!!セーブコーナに戻るだけで、道迷ってましたよ。

ていうか、鍵は何処に・・。LVがルカ・ロザリーが49で素敵魔術師が48です・・加入が遅かったからなあとか地味に思ってます。後で、攻略サイト見てこよう・・!

それではお粗末様でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

静夢 | URL | 2009/07/08(水) 12:15 [編集]
おひゃよ~。
雨やでぇ~。雨やでぇ~。

クラスマッチってソフトっすか。
しかもデッドボールを想定してる(笑)
でもたぶん硬球よりは痛くないんじゃないかな。
両方とも当たったことないのでなんともいえないが。
1度軟式で守備のときゴロがイレギュラーして顎にヒットしたことはあるが。
あのときはじわ~~~んと痛みがきたけど(笑)

僕は図書館に潜入した模様。
図書館がダンジョンになっちゃうんすね。
しかも広くて敵が強いときたまひたか。
ぎゃんばってレベル60くらいまで上げちゃう?

桂月 | URL | 2009/07/08(水) 21:08 [編集]
今晩和。

雨で今日のソフトボールの試合が卓球の試合になりました~。友達とダブルスをくんでやったのですが、意外と楽しかったです。

結果は、2試合あって1勝1敗でしたー・・(;´Д`)

デッドボールを普通にしてしまいそうな気がして成らないです・・うわわ・・、意外と普通にキャッチボールしててとり損ねて腕に当たった時結構痛かったですよ~、舐めてたら痛い目みますね。

明日は一回くらいはソフトがやりたいんですけど・・晴れないかなあ・・。

潜入しましたが、予想以上の広さで先ほど攻略サイトを見てきたんですけど、結構なこと道が入り組んでました。。
そして、鍵は何処と思ってたらそれまた入り組んでいる場所に置いてありました・・・orz
地図をプリントしたいと思ったのは初めてです。((フリーハンド難しそう。

土日で、ちょっくら頑張ってみます・・!お粗末さまでした!
Copyright © 真夜中安息. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。