DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/09/12(土)   CATEGORY: 店主の宝物庫
闇。
―不幸になるのが、嫌なら、どうして、不幸なんて、言葉、うんだの。

「って、事だ」
どっかりと畳の上に座る青年は、彼以外人の見当たらない部屋でそう云った。

「お前はどう思う、橙色?」
橙色、という誰かに向けた言葉が返ってくるわけがない、そのはずなのに―

『手前勝手な憶測でございますが―それでも宜しいですか?』

「構わない」


『おそらく筑紫様や狐麺・・が仰った「中身が違う」とは目的の事かと』

「目的?」

『はい、旦那や筑紫様も気がかりにしておられた食べ物と金目の物を盗ることでございます』

「ああ、そういえば・・それが違うっていうのか?」

『憶測、で御座います』  朗らかな空気が流れた。

『この食べ物をとった主と金目の物を取った主は、目的が違うのです。食べ物をとった主は、それを盗らなければ生きてゆけないから。逆に金目の物を盗った主は、それがなくとも、売りさばけばいつだって買ってゆける。』

そう橙色が言うと美里は牽制のポーズを取り、ちょっと待て、という。

「目的が違うならどうして同じ格好をしてるんだ、同じ格好で、同じ時間帯、同じ場所で取っているならそれは仲間だろう?」

『旦那のご質問もご尤もで御座います。ですが、もし―同じ条件下に置かれているとは言っても、それが無理矢理なら?』

「無理矢理・・」

『そう、そしてこれは必ず同時期におこわなわなければなりません。小さな小火を起こして、大きな火事が起こる為にも―』

「そうか、だから金目の物を取った奴は捕まる気なんて無いのか・・、小さな小火さえ起こして置ければそちらに目が向くから。」

『左様で御座います。そして、おそらく旦那―』
そこで、橙色が言葉を切った。何だ、と美里は頭の整理をつけながらも尋ねる。

『・・・いいえ、何でも御座いません』
「珍しいな、お前が言葉を濁すなんて」
『いえ、未だ分からない範疇なのです。今のままでは。』
「・・・そうか、ならいいさ。とりあえず、俺はさっきの場所へ行って来るかな・・あそこは何かありそうだ・・」

美里がパンッと部屋の障子を開けると、午後の太陽の光が部屋に入ってきていた。

『どうぞ、お気をつけられますよう―』

秋の木漏れ日は、少々寒い。歩まねば、と思い美里は部屋を出た。

Re:The man who must advance.
((↑進まなければいけない男。

今日和、喉だと診断された桂月ですー。

明日試験会場まで一人旅してきます・・無事つけるといいよね!

ま、この辺から風任せな感じがものっそい出てます。

大丈夫、10月にはイナイレが待ってる!((←

未だに、ファイアかブリザードで悩んでるんですけども・・、うーんどうしよう。

OPとかEDの曲の個人趣味で行くと、ブリザードなんだけど・・ていうかこれ豪炎寺と吹雪は両方出る・・のか??謎なんですけど。

HPに書いてあったかな・・、あとで見てきます。

本屋に行ってみたら、伊坂さんの新作が出て吃驚しました。

あと、ゲッサンで来月号からか・・?ワルツというタイトルで、蝉のが始動するらしいんだぜww

ちょっパネェエwwとか思ったの私だけ?

以下気になった作品たち。

・蝶々喃々 著;小川糸

・ジョーカー・ゲーム  著者の名前スイマセン忘れました・・。

・宵山万華鏡  夜は短し~の作者様です。

・赤朽葉家の伝説  著者の名前がわかりません・・。

蝶々喃々と宵山が個人的に凄く気になってます・・市立図書館入荷してるかな。

ジョーカーの奴は、スパイの話らしいんですよね。これもこれで面白そう。

話がマンガにうつりますが、WJ連載中のAKAB・OSHIとめだかボッ・クスと黒子のバスケがかなり好きです・・。何アレーwwという感じで毎回楽しんでる。

あかぼしとめだかが同じ月に1巻が出るらしいから、ファンの方凄く大変ですよね。

最近のWJ作品新連載になってから続く時間が凄く短いなあと思う。

人気作品の安定した面白さは素晴らしいですけども、意外と新連載のもユニークで楽しいですよ。

それではお粗末。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © 真夜中安息. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。