DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/11/03(火)   CATEGORY: 店主の宝物庫
聞こえたのは神様の願い事。
―聞こえないはずの願い事は君は届かず別の誰かに届くんだろう。

象牙色の長髪に着物を着込んだそれは、元在った像のある中々に高い石の上に腰掛けていた。たたらないだろう、何しろ此処に祭られていた像は自分なのだから。

はあ、と息を吐くと白い息がすうっと空気に晒された。嗚呼、生きてる、と九重は思った。

そう感じたのはこれで2度目だった。

自分が此処に祭られる理由となった、たとえ貧しくとも、獣と人との友情であったにせよ、確かにそこには縁のあった、そんな自分の逸話。


木々の色は、秋の色たる赤や茶色に染められ風はやんわりと寂しさを持って吹いてくる。

山はその当時たいそう蓄えが無く、山に住まう獣たちは別の山へ行くか人の地へと足を踏み入れ上手く行けば食べ物をとりにいける。失敗したら、なんて言ってはいられないのだ。

そして自分の母も、子供であった私の飯を取りに人の地へと足を踏み入れたが帰ってこなかった。つまり、そういう話なのだろう。

そんな中、私は山の中で人と出合った。その人は、雑草の中から顔を出した私を見て、驚きの一声をあげた後、小さなひょうたんに手をいれ私の前に置いた。魚だった。

「食え」
そう短く言うと、その人は道を歩く。本当に食べて良いのか、罠じゃないのかどうかを考えている間にその人はすたすたと道を行く。礼を、礼を言わねば。嗚呼、でも獣たる身でどうしたらよいのか。

迷った挙句、私は魚をくわえたままその人の後ろをついて歩いた。

てっ、てっ、てっ、とす、とす、とす、というそれぞれの足音。

「~っ!なんだそれじゃ足りないのか!?」
その人は耐えかねたように言う。違うのです。その人は又ひょうたんに手をいれ魚を私の前に置いた。

「最近ウチの村でも良く獣が下りてきて農作物を荒らしちまうもんだから、皆そりゃあカンカンなんだ。だから、いいか着いてきちゃ駄目だ。いいな」
怖い顔をしながら説明するその人の言葉を私は理解できませんでした。何しろ、獣だから。

私は又置かれた魚をくわえ、追いかけだした。ばっとその人は振り返り、はあああといってその場にへたり込む。

「お前さては育ち盛りか?ちっこいもんなあ・・、母ちゃんどうした、母ちゃん」
まくし立てられる言葉を一つも理解できない私がいめいめしい。小首を傾げた私にその人は困ったように笑った。

「わかんないか、まあ・・あたりまえっちゃ当たり前か。それにしても、綺麗な色してんなー。何色って言うんだろうな?」
母の色にとてもよく似ていた私の色は仲間内では大層珍しい色だった。

「・・・・んー、嗚呼、象牙、象牙だ。象牙に似ているな、お前の色は。」
にこりと笑うと、私が貰った魚を見てこう話す。

「それはな、さっき取ったばかりなんだか余りにも小さくてどうしようかと悩んでいたのだ。だから食べても良いし、悪さをしたわけでもないのだから遠慮なくお食べ。」
そう言って、すっと手を魚の前に置いて私の方へと寄せてくれた。

「母ちゃんが居ない、子狐かあ・・」
そう呟きながら魚を食べる私を見て、その人は言う。

「・・、有無決めた。もしよければ、お前ウチへおいで。そんな魚くらいはやれるし、もうじき冬だからな・・お前多分餌のとり方も知らないのだろう?」
食べていた魚がぽとりと落ちた。何故か、今の言葉だけは理解できたから。

「となると、名が要るなあ・・何が良いかな」

秋色に染まるのは、山々の宿命だと母から聞いた事があるような気がする。

「・・嗚呼、そうだ。ここのえ、お前の名は九重にしよう。秋はいろんな色がある季節だから。良いだろう、九重?」
そう尋ねる、その人に向かい私は『けん!』と答えた。

Re:start his story.
((↑きつねのいつわ。

今晩和。また、放置してました・・。最近多いですね。

P3P見事買えましたよ~、クリアファイルもゲットンしました!!

で、メモリーは結局1GBと2GBのお値段が聞いていたよりも大差が無かったので、2GBを選択しました~わーい^p^ ただいま、初日少し経ったくらい。

テオドア何時見れるんだろwwとかそわそわしてたら結構お早く逢えましたよっていう。

なんちゅうww

で、うちの女の子主人公→若神 八代 名前だけ先代の貰ってます。苗字カッコいいのがいいなとか思ってこれ。現実味な答えばっかり返します。

で、カイジを今日友達と見に行ってきましたが、藤原さんカイジ役似合いすぎる・・・・・!!

何なの、あの駄目っぷりのすごさ。いや、最後までもてあます所無く良かった。

ただ、会長が脇役みたいな感じに見える・・、もうちょいこう、悪役な感じじゃないのか・・。

ざわざわ音が、個人的にすごく好きでした。細かいよ、つくりが細かい。((褒めてる。

で、とりあえず次に見に行きたいものの目星をつけてきました。何かホラー多いからこわごわなんですけども。

・Dr.パルナサスの鏡

・レイトン教授と永遠の歌/姫

ぱるなさすについては、監督がグリム兄弟の監督さんでなんとなく自分がこれを見に行きたがってる理由を納得しました^q^

映画『ダークナイト』で出演なさったヒース・レジャーさんの遺作です。

物語は2007年のロンドン。パルナサス博士が率いる旅芸人の一座が待ちにやって来た。博士の出し物は、人が密かに心にかくし持つ欲望の世界を鏡の向こうで形にしてみせる「イナジナリウム」。
その鏡を潜り抜けると、摩訶不思議な迷宮が待っている。
実は・・?

来年の1月に公開です。どうぞ、これで興味が湧きましたらば検索で。

最近あにめの空中ブランコにまんまとはまってしまいました。

中の伊良部先生は、けしからんと思いました。のいたみなはいい仕事をしてくれますね、モノノ怪といい、これといい。

それでは。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

静夢 | URL | 2009/11/04(水) 12:19 [編集]
おひゃよ~。
うぅぅぅぅぅぅざぶい・・・。

P3ゲッちゅおめれと~。
これ完全に3刀流になりまひた。
初のPSPの映像はいかがかしらん?
携帯機とは思えないくらい綺麗だしょ?
アニメーションになるとさらにクオリティーが上がるし。

空中ブラ○コおいらもチャンネル回してたら。
1回ほど見たでやんす。
斬新なタッチの絵っすよね。
ちなみにこれと同じ名前の曲を知ってたので。
もしや主題歌主題歌を期待したら。
全然ちがった(笑)

桂月 | URL | 2009/11/04(水) 21:10 [編集]
さあああああああむうううういいいいいい!!

3刀流の極地・・それは、どれからやっていいかわからない!((←終。 PSPの映像は異様過ぎるほどの綺麗さですね・・。驚きました。P3PのOPを綺麗な映像で見れるとは・・・ほおお!!((嬉。

斬新すぎる斬新、多分監督さんが斬新なのかなあと思ってます。何しろ、モノノ怪と同じ監督さんなので。
モノノ怪も結構斬新でいい感じですよ!
主題歌ではなかったんです・・・((汗。

ただいま、P3P5月初旬。テオからベス様のきなこもちが壮絶だった事を聞きました・・おそろしや、エレベーターガール。

それでは!
Copyright © 真夜中安息. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。