DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/11/22(日)   CATEGORY: 店主の宝物庫
カフカの話。
―もし一枚の紙を渡してとある人物の全てを書け、といわれたら貴方はどこまで書けるだろう。

私はその日、その場所、その時に居た事を後悔した事は無い。

「ミネガマ君、君はカフカを知っておるかね?」

秋間近なこの季節にチョッキを着ているがでっぷりとした身体の為か、チョッキのボタンは既にはちきれそうで見ているこっちが哀れだった。嗚呼、このトド教授め、と私は心の中で言った。

「いいえ、存じ上げません」
「なんと、今時の学生はカフカも知らんのか。カフカは『変身』や『審判』といった著名な作品を書いた作家だ。それくらい覚えておきたまえ」

知識の一部をひけらかすというのはそんなにも偉かったか。少なくとも、違うだろう、そのベクトルは。と思っていると、私とトド教授が居た通路は十字の廊下の真ん中でその十字のひとつの方向から痩身の男がやってくるのが見えた。

その事も含めて最悪だった。私に倣って教授もそちらを見て痩身に男を発見し声をかける。

「やあ、リガキ君」

教授がそう言うと、男は今気づいたという顔をしてというか今気づいたんだろう。この人の場合。

「今日和、教授、ミネガマ君」
にこりと、挨拶をする痩身の男もといリガキ。この人も教授の一人だがトド教授よりも年齢は下だ。ついでに言うなら、もっとも嫌いな人物。

「聞きたまえ、リガキ君。こちらのミネガマ君はカフカも知らないらしい」
「そうなんですか?」

そう言ってこちらを見たが、彼の表情はどうも、おかしいなあというような表情だった。この人は分かっている。

「君は勿論カフカを知っていると思うから、教えてやってくれないかね?」

嗚呼、罠だ。間違いなくコレは罠だ。

「構いませんが・・」
こちらもこちらで渋っているというより、知っているがために、どうしようか、と思っているのだと思う。

「フランツ・カフカは『変身』などの作品が有名ですが―・・」

教授がにやり、と笑う。その瞬間私は嗚呼、この人は馬鹿だ。よりによってこの妄想癖の男に話を書けるなんてと思っていた。

「教授は、カフカが公園を散歩していた時のとある話についてご存知ですか?」

トド教授が豆鉄砲を食らったような顔をして、ごほんとせき込んで「なんだったかな?」と尋ねる。

「カフカは公園で散歩をしている最中に、そこで人形を無くした少女と出会うんです。彼は少女を慰める為に、『君のお人形はね、ちょっと旅行に出かけただけなんだよ』と話し、翌日からずっと少女のために『お人形が手紙を送ってきた』と手紙を書きました」

教授がぽかんと、している。

「この人形の手紙はカフカがプラハにいられなくなるまで何週間も続いたそうです。そして、ベルリンを去る際に、カフカはその少女に一つの人形を手渡しそれは『長い旅の間に多少の変貌を遂げた』その少女が無くした人形なんだよ、と説明するのを忘れなかったそうです。」

にこりと、男は笑う。

「・・そう、そうだったね・・はは」
トド教授の先ほどの威厳、というより傲慢さは空気中で離散したらしい。そして、教授は青い顔をしてそれでは、と言い去って行った。

すると、リガキ教授はこちらを見て「それにしても不思議だ」といった。

「何がでしょう?」 私は、その答えを知っていたがあえて聞いた。

「先ほどの話はイナバ君から教えてもらった話なんだけどね、彼は君から古典の授業の時に作品を知るためには作家の横話も知るといい、と言われて教えてもらったと言っていたんだけど、違っていたかな?」
はて?といわんばかりに背の高い教授は首をかしげ私の顔を見た。

「いいえ、そうです。私は知っていました。」
「なら、どうして?」

「私、あの教授が嫌いですから」
一方的な結論を言うと教授も又先程のトド教授の豆鉄砲を食らったような顔をして笑った。

「そうか、そういう事だったのか。なるほど、確かにあの人の話はべっとりとするような物言いだし、僕もあまり好きではないけどね。」
結論を受けて教授は納得した、そして面白いと言わんばかしににこりとしている。

「けどね、ミネガマ君」
「なんでしょう?」

「時間を急いでいるんだったら、教授と学生とかそういう前に、急いでいるんです!といえば誰だって逆らえないよ。」
「左様で」
「左様だよ、嗚呼、ほら急いで行きなさい。」

そう言われて私は走り出したが、走って少し経ってからぐるんと回れ右をして教授に叫ぶ。

「有難う御座いました!!」
そう言うと、教授はぷらぷらと手を左右に振り自分の進行方向へと戻って行った。

かくいう、そういう話。

Re;
((↑綴られた話。

ずっと書きたいなーとか思ってた話だったんですが、どこでどういう具合に投入するか、を考えていてこの二人でしっくりしてました。いや、正確には三人ですね。笑。

トド教授は、もう完璧にミネガマの見た目からのイメージです。

リガキの新しい一面が見れましたら、と思います。

一応言って置くと、ミネガマはリガキと出来る限り話したくない嫌いの度合です。

後あげさせてもらったカフカさんなんですけども、個人的なイメージがなんかこう厳しそうなイメージだったんですけど、全然違いました。特に、人形の話は機転が利いてて、カフカさんのイメージがかなり変わったエピソードでもあります。

一番上の言葉なんですけど、人の一生はたくさん、それこそ何十年と培ってあると思うんですけど、その一つ一つは本人しか判らないようなこともあると思うんですけど、そんな中で”とある”ここでは、カフカさんですが、トド教授のように彼の著名な作品を知っている、という知っているを書くのか、リガキのようにソレも交えつつ人柄とかも書くのか、それで色々違うなと思ったことからの話だったんです。

ていうか、もうトド教授の名前すら考えていない私はこれで良いのか。

で、先日からやたら寒いですね・・冬到来かな。

おもちが無性に恋しくなる今日この頃です・・ピンク色のもちが甘くて美味しいんで結構好きなんですけど、高いんだよなーあれ。

後、回転焼き(今川焼きとも言う。)。黒餡が美味しいんですけど、昨日食べたら何故かチョコみたいな味がしたけど、かなり気のせいでした。こういう日もある。

で、しばらく日本史の勉強してたんですけど・・・カヲスだ。カヲス。

恐ろしいくらいに広すぎて何がどうして、誰がどこで出てきたかが、飛んで行くマジック。

そういや、P3P進めました!

LV27で、6月ってありなのか・・ありなのか・・?

真田先輩こみゅ発動プラス保健委員会が8になったよ☆風花こみゅも発動させたいし、むたつさんも発動させたいけど、神木さんも発動させたいなとかちょっとどうしような感じ。

りおちゃんをまず上げなきゃなー・・。舞子ちゃんも5になりました。イエーイ!

それにしてもテオと商店街を歩いてきたんですけども・・破壊力凄いよね?

オクトパシーのおば様から、何かちゃっかり貰ってるし^p^なんていうおばさまキラー。

コロちゃんがさりげなく姿を見せたので、そろそろなんじゃね?とか思っている最近です。

コロちゃーんカムー!風花とコロちゃんのやりとりに癒しを感じた昨日の夜12時です。

1時近くまでやってたんだぜ^p^恐ろしいわ!

テオの依頼をどんどここなしている私。ジャックフロスト人形は皆かなえてやるべきだ。

タルカジャのヴァルキリーの生成方法がわからなくてそのままなんですよww

さて、買い物に行かなきゃな・・・((風吹いてる外を見つつ。

ではお粗末。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

静夢 | URL | 2009/11/23(月) 12:59 [編集]
おひゃよ~。
本日は晴れてるなり。

P3順調?に進んでる模様。
懐かしい名前がチラホラと。
1年くらい前にプレイしてても忘れちゃうもんなんだな。
ただたんにおいらの脳みそが退化してるだけ?(笑)

キングダムはもち購入決定?
スクリーンショットを見てふと思ったのだが。
主人公や仲間がねずみたちではないらしい?
そ~いうものだとずっと思ってたわさ~。
PSPの充電が切れやすいのはお約束ってことで(笑)
でもまだ3000は長持ちする方かと。
うちの1000なんてあっという間でっせ。
毎日充電ないとダメなくらいなので。

桂月 | URL | 2009/11/24(火) 21:27 [編集]
今晩和。

P3順調であります!
意外と1年プレイしないだけで来るものありますよね・・。
最初どの技がどの属性だったか、を思い出すのに苦労しました。
もう少しで屋久島です!

キングダムは未購入予定ですねえ。
うーんと、過去話に戻るので一応ねずみは出るかもしれないけど、ほとんどソラやカイリといったキャラが出ないと思います。

時系列的に↓

王国 PSP版 → 王国 DS版 →王国 PS2 →王国 2 PS2

なんだと思います。かなり自信ないんですけど・・。

あれで長持ちする方なんですか・・?!マジですか・・!
私が使いすぎて直ぐに切れてるもんだとずっと思ってたんですけど・・やっぱりそうなのか・・。
私もほぼ毎日充電してますね・・、電気代大丈夫かな。
Copyright © 真夜中安息. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。