DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/12/01(火)   CATEGORY: 店主の宝物庫
オニキス・フィンガー。
―金色が如き爪にて、誰にちょっかいをかけてやろうか。

カチリ、カチリ、それは一室にかけてある時計と同じ様に時を進めるが一方で進めると同時に危険な因子も孕んでいる様なものだった。勿論それは画面の向こうの事だが、危険な事に変わりは無い。

「・・これって有体に言うと、時限爆弾、みたいな物なんですかね?」
明るい髪色をした女性がパソコンのマウスを握って眉間に皺を寄せる眼鏡をかけた青年に聞く。

「有体、所かお約束過ぎるだろうっ!?」
眼鏡の青年が女性に叫ぶ一方でその男性の更に右にいた青年は目の前にいた別の青年に聞く。

「澪葉先輩、どうですか?」
「・・、やっぱり人を舐め腐ってますね。」
澪葉と呼ばれた青年は言葉を吐いた。実に恨めしそうに。その言葉に眼鏡をかけた青年―流梨が澪葉を見た。

「おい・・澪葉」
「何です?」
にこりと笑った澪葉の後ろに何故か般若が見えた。がたがたと震えていると隣りの後輩たちも目が怖がっていた。

「流梨、パソコン貸して下さい。この阿呆に、一つ、正義とやらを教えてやります―」
それを聞いて流梨は素直に立ち上がり、澪葉に席を渡した。そして席に澪葉は座ると、カタリ、と文字を打ち込んだ。

画面には『電気石』と打ち込まれてあった。

「・・電気石?ってあの、電気を発生させる宝石だろ?」
「ええ、だから馬鹿にしてるんですよ。あの言語全て、色んな言葉で難しくしただけの、全部電気石の部類です!」
ぐわっと澪葉がいい上げ、思わず後ろに仰け反る。そして、カタッと何かを断ち切るように澪葉はエンターキーを押した。

すると、画面上に一枚の選挙用紙のような紙が現れビックリ箱の中に入って行った。

そして―
パンパカパーン、と明るいファンファーレの音が鳴った。

「なっ?!」
「うおっ!?」
「・・お祭り?」
「違うと思いますけど・・」
それぞれがそれにコメントしていると、ビックリ箱に付いていた制限時間が一層早く動き始め―時間が増えた。

「・・これは一体―?」
神妙な顔を月をして澪葉が画面を睨んでいると、画面に黒い球体が出現した。

そして、内部から8本ほど針のようなものが出た。更に、その針のようなものの先にスケート靴がついた。最後に、めこっと頭部が出現した。―それは黒い蜘蛛のアバターであった。

「・・・うっ!」
澪葉がそれを見てうめいた。そういえば澪葉は手足が4本以上ある生き物がダメだった。

「楠本、席についてやってくれ」
「了解です」
楠本に頼むと楽しそうに楠本は笑って席につくと画面の蜘蛛に噴出しが出た。

「『はっはっははっは!!』」
高笑いだ。その噴出しが出た瞬間にまた澪葉が画面を睨んだ。

「『いやあ、凄いね、面白いね。この地球で、これが解けたのは君で6人目だよ、栄えあるグローリー!』」
「うーん、軽くイラッと来ますね」
「妙に上目線ですね」
どうやらこの後輩たちもこの口調には耐え切れなかったらしい。

「『改めまして、ご説明しよう。君が先ず疑問に思っているであろう、あのビックリ箱についている時限装置。』」
蜘蛛のアイコンが恐ろしいくらいに滑らかに動き、ビックリ箱の頂上に上った。

「『この時間はこの”世界”が終るまでの時間を表している。ああ、世界と言っても地球じゃない。安心してくれ。”世界”というのは、このワールド・クロスが不備、ではなく完璧な形として、それこそ一編のデータも残さず消えるだけだ』」
「おいおい、過激な事言ってねえか・・?!」
「言ってるどころか、実行になそうとしてますね」

「『でもご安心、そんなときの保険がズバリ、―そう君たち”グローリー”さ!』」

「『君達”グローリー”が一問正解するごとに、この制限時間が3時間延びる仕掛けになっている。更に言うなら、誰かが正解するたびに3時間毎考える時間も増えるって訳だ!けどご注意を!このビックリ箱から出される問題に、もし1回間違えてしまうとぉ?』」
くるり、と蜘蛛が回転した。

「『この時限装置の時間は5時間早く進められちゃうのさっ!』」
にたり、と笑った。

「『これは、君、が失敗しなくても一緒だ。要するに共通のそう、ルールだ。以上を守って楽しく、快適に不備を直せるもんなら、』」

「『直して見やがれ!』」

そう言うと、ぷしゅっと空気の抜けた風船のように蜘蛛のアイコンが消えた。それと同時に、どんっと澪葉が実験台の机を拳で叩いた。すると、地面に一枚の紙が置いてありクリックするとそれは、先ほど蜘蛛が言っていた、不備を直すための次の問題であった。

→「『タイムトラベル、物理学、理論化学、にて賞を取った者の題名を答えよ』」

Re;The nail which disturbs all. (←全てを掻き乱す爪。)
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

静夢 | URL | 2009/12/04(金) 12:44 [編集]
おひゃよ~。
今日は陽が出てちょい暖かい。

オーディンついにスタートしまひたか。
しかもお気に召したようでえがっだだす。
やっぱり最初は選べずだったか。
お次は選べたような選べなかったような。
ここらへんも思い出せない(笑)
そうそう、走るより飛んだ方が楽なんすよ。
飛びつつも攻撃もでけちゃうし。
フォゾン?の蓄積にちょいと手間をとるが・・・。

今週はスーマリが発売されたそうな?
昔のスーマリって持ち時間が100秒くらいだったけど。
今のはかなりあるんすね。カルチャーショックだべさ(笑)

桂月 | URL | 2009/12/05(土) 15:50 [編集]
今日和。

オーディンスタート始めました(゜▽゜*)
いやはや、物語や世界観、グラフィックどれもきれいですし・・やっぱり”絵本”って感じが出てて良いですね!
先ほどワルキューレを一時クリア?したみたいで、プーカに入りました!最強エレベーターガールと番長の恋物語なんですね。((P話。
早くもグウェンドリンが懐かしいです・・、飛べないとは・・。

マリオは、マリオパーティしかやったことのない人なのですが、結構良い意味で変わると、ショックを受けますよね。長らくしてないと更に。
Copyright © 真夜中安息. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。