DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/12/04(金)   CATEGORY: 店主の宝物庫
エメラルド・ボディ。
―この色は、休める色じゃない。落とす色だ。

「『タイムトラベル、物理学、理論化学、にて賞を取った者の題名を答えよ』って・・一体何時の、誰の事だ・・?」
流梨が、パソコンの画面に写る言葉に騒然としてそう呟いた。

夏の終わりの為か、外ではミンミンゼミが最後の力を振り絞って鳴いている声がする。

澪葉、梔が俺の言葉に沈黙する一方で楠本だけが小首を傾げた。

「澪葉先輩」
「どうしました、楠本?」
澪葉が楠本を見遣ると彼女は珍しく真面目そうな顔をしていた。

「石榴教授が6年程前に書いた論文の名前って、”時間旅行論”でしたよね?」
「・・?ええ、確か・・ちょっと待っていて下さい。」
楠本の問いに澪葉は部屋から出て行った。

「なんで、石榴教授の論文なんだ?」
流梨が尋ねると、楠本は「ちょっと保留です。」と言った。その言葉に又、流梨は首を傾げていると澪葉が戻ってきて一冊の雑誌の一枚を広げて楠本に見せた。

「嗚呼、やっぱり”時間旅行論”であってますね。」
「有難うございます、で、梔。」
次の矛先は、梔に向いたらしい。梔が「何ですか?」と相変わらず乏しい表情で尋ねる。

「梔の書いた論文の名前は?」
「・・僕の、ですか?」
「そう、梔の。」
「・・。”ミニマム・ウェイト”です・・」
「そう」
そして、くるりと俺に顔が向けられにこりと楠本は笑い―

「だ、そうですよ。流梨先輩。」
「は?」
その事に戸惑う俺に楠本はへらりと笑い説明する。

「この問題の答え、ですよ?」
「―は!?」
「タイムトラベル、理論化学、量子重力、これって全部―時間旅行に大事な要素じゃないですか。」
「―!!」
楠本の言葉に流梨は驚いた。確かにタイムトラベル、つまり時間旅行は理論化学では実現しうるモノなのだ。だが、時間旅行者が歴史に改変したが故に、時間や空間に影響を与える、タイムパラドックスが付き纏うのだ。

そして、量子重力には時間や空間、時空が含まれている。

「楠本先輩が入賞した奴って―」
「うん、理論化学。”時間旅行者のパラドックス”だったかな?」
澪葉を見てみれば、澪葉は一瞬ぽかんとしていたが次の瞬間くつくつと可笑しそうに笑い始めた。

「本当に・・どうかしてますね・・!都合の良すぎる。」
その言葉に俺も激しく同意したかった。これは、なんなんだ。

「入力してもいいですか?」
「してしまいなさい、楠本。」
くつくつとまだ笑いが残る澪葉に楠本が尋ねると、澪葉は許可した。梔を見ると腑に落ちないというような表情をしていた。

「どうした、梔?」
「・・、いえどうして楠本先輩はそう思ったのかと思って」
「私が思った理由?」
カタカタ、と入力しながら楠本は喋る。

「はい。」
「だって私、タイムトラベラーだもの。」
カタリ、とエンターキーを押す音が聞こえ、ビックリ箱の中に紙がするりと入った。
それから、くるりと楠本は俺と澪葉そして梔の方向を向き、にこりと笑い―

「信じましたか?」
そう尋ねた。
楠本の真後ろでは、軽快なファンファーレが鳴っていた。

「Oh, c'est un mensonge.」

すらり、と紡がれた言葉に俺と梔子がぽかんとしていると澪葉がぺしりと楠本の頭を軽く叩いた。

「は?」
「?」
完璧に置いてかれている、と思っていると澪葉は軽く自分の額に手を沿え重々しいため息をついて一言。

「Oh, c'est un mensonge.―フランス語で、『まぁ、嘘なんですけど』だそうです。」
丁寧に仏訳をしてくれた澪葉を見て、楠本を見るとへらり、と又笑った。

そして、ぷつんと俺の頭の中で鈍い音がし、気づいたら楠本の頭を自分の拳でグリグリと捏ね繰り回していた。

「痛い痛い痛い!!」

ジーニアスの叫びが無常に教室に広がった。もう一方のジーニアスは、ビックリ箱の時間装置の時間が増えている様をまじまじと見ていた。

Re;It is still oaks that send the word of trust.
((↑信頼の言葉を送るのは未だかしら。

今晩和。なにやら、ゲームに、数学に、と色々時間の使い方がお粗末だった一週間でした。

今週から三年生は志望別に分かれて、それぞれの型に応じて勉強うする体制だったのですが、あまりにも毎日がユルすぎて頭の中からつい先日まで勉強していた事が一気に羽ばたいていっている気がしています・・。

エメラルド・ボディ話↓。

楠本や梔って何で受賞したの?っていう話。楠本のトラベラー云々の台詞が結構合っているような気がしてます。

で、色々宝石名と体の一部分をくっつけてやってたんですけど、無事に終るまでに宝石名は足りるけど体のパーツ足りるかなあ・・と思っている今日この頃です。

アクアマリンの別名は夜の海の女王だったりします。かっくいいよね。結構お安め?な宝石ですよね、ルビーとかサファイアとかに比べると。私は一番好きな宝石なんですけど。

一度でいいから、こう塊級のアクアマリンに出会ってみたい・・写メりたい・・・orzきれいなのになー・・。

オニキスが、ギリシャ語で爪、の意。らしいですよ。

オーディンスフィア話。↓。

グウェンドリイイイイイイイイイインンンンン!!!!!!!!((叫。

いやあああああ、ドレスが似合ううううううう!((←?!

オズワルド 登場 !!

あの狐の襟巻きオヤジを倒しました・・!1時間かかったんだぜ・・?気づいたら11:15分。

^p^ 明日 ヤバイ ・・・・・!

それとともに、激しい頭痛・・・・、死亡フラグかっ?!と思いつつ寝ました。

いやあ・・、恐ろしかった昨日。そして、オズワルドが登場後ザコキャラに一蹴されました。完。

グウェンドリンのサイファーはカッコイイよね。ていうか、お姉ちゃんのか。お姉ちゃんも美人さんでした・・。

で、某2月14日のお姫様が某最強エレベーターガールだったんですが・・((中の人。

ふ、吹いたんだぜ?

今日も、出来たらやろうっと。

お粗末!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © 真夜中安息. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。