DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2010/01/21(木)   CATEGORY: 店主の宝物庫
ビバーナム。
私は岩場に戻ってきて直ぐに兄に先程の事を話してみた。そして、兄にどうしてアーサーさんに兄自身が”テロメア”だということを話したのか尋ねてみた。

『不平等だからさ。』
『不平等?一体何が?』

『僕がアーサーが亡国の王子たることを知っている事。』
『・・気づいていたの?』
『まぁ最初は自信は無かったし、彼自体がどうして生き残っているのかそれにも興味が無かった。』

そう言いながら、鍋の中の夕食を兄はくるりとかき混ぜる。

『でもね、確証を僕は得てしまった。』
『・・確証って?』
『御覧。』
兄の指差した方向にはモスグリーンの布で包まれた何かがあった。

『布?』
『いいや、その中身。あの中にはね、硝子の一振りと樹齢何百年と言う古木で出来た弓矢があるんだ。』
私は兄の言いたい事が分からなかった為に黙っていた。

『これはね、あの”国”の宝なんだよ。』
『え?』
『しかも、その宝達はあの”国”の王が直々に一番目と二番目の王子たちに受継がれたという。形状云々はともかく、材質などを見る限りそれに近かったし、おそらくだけど”王の血筋”に近い”縁者”だろうと僕は思った。』

兄らしい観察眼だと私は感服する。そして、記憶力の良さにも。

『・・王子だと分かったのはどうして?』
『”あの国の三番目の王子はうつけ者”という噂を前に耳にしたんだけどね、僕はそれがどうも違っているような気がしていたのさ。もしうつけであるのなら、何故王は三番目の王子として居座らせているのか。亡くなられた奥方に対する情?それとも彼がそばに居れば、奥方を思い出せるからか?色々悩んだ末に出た答えは一つ。』

すうっと兄の目が細められた。

『―王は彼を”王子”として認めているんだとね。』
『可愛すぎたとかそういうのじゃないの?』
『少なくともあの国の王は我が子可愛さのあまりって事はないよ。家族には、一層厳しく自分にはその更に倍に厳しかったようだから。話が逸れたかな・・?実際彼の二人の兄は王子として申し分ない人達だったようだね。』

『アーサーは宮廷では随分なものの言われようで、随分と肩身の狭い思いをしたらしい。けれど、二人の兄上達は決してアーサーをそんな風には言わなかった。それが誰も救い手の無いアーサーの心の救い。だけど、王子というのはいずれ王座を巡る時期というのがある。そしてアーサーは思ったらしい。兄上たちと争いたくなんか無いと。だから、彼は一つ芝居をうつ事に決めたらしいんだ。』

パチリ、パチリ、薪用の木の水分が爆ぜる音がする。

『―全てに置いて兄上たちよりも下回ろうと。事実、彼の芝居に宮廷の者達は気づかなかったらしいんだけど三人の人物はこれに気づいてたらしいね。』
『・・三人って?』
『一人は、王。理由はさっき話したね?もう二人はアーサーの兄上達。言われたのは、あの戦の時だったとか言ってたな。』

地平線には紫と薄紫の夜が待ち構えている。

『まあ本当の話、僕が”縁者”だろうと聞いたらアーサーが自分は”あの国の三番目の王子”だと話してくれたからなんだ。だから僕は自分のことを話した。でもねイヴ、僕はもしアーサーが其処で何も話さなかったら自分の素性は明かさなかったよ。』

『公平じゃないから?』
『いいや、自分の諦めがついたからさ。最初にアーサーを見た時に思った、”期待”は的外れだったってね』

そう言って兄は笑うと、イヴニアラ、と私の名前を呼んだ。

『アーサーを良く見ておくといい。彼はもしかするとこの”世界”に何か大事な衝撃を与える奴かも知れないから。』

いつの間にか頭上に烏の翼のような黒い夜が広がっていた。

Re;Great expectation.
((↑大いなる期待。

ダムネス兄ちゃんとイヴ嬢会話。前回足りなかった補足などを、まとめてダムに話してもらうことで少し解消したりしました。

最近デュラララ!!のアニメを見たんですがOPカッコよすぎて、脳内再生が激しいです。

EDのシズちゃんに捕まる二人を見て、シズちゃんのパワフルさが出てるな・・(*´▽`*)なとか思いました。

いや、良いよね!あのシーンだけで既にご馳走様でしたな感じだったんですけど。

小説の7巻は・・シズちゃんなのか・・な?微妙でよく分からなかったんですけども。

後、最近の授業がもっぱら読書なので何を読んで良いのかわからなくなりました。

今日新刊の伊坂幸太郎さんのSOSの猿を借りたんですけども、面白かったです・・!

何が最強って、ロレンツォだと私は思ったんですけど、雁子さんも伊坂さんって感じで素敵でした。

で、問題は来週から又何を読もうって・・・話になるんですよねえ・・・。

何か無いかなー・・。三島さんの剣っていう奴が読みたいんだけど、学校無い気がする。

風の神殿っていう奴も借りてみたかったりするんですけど・・無いだろうなあ。

土曜日に古本屋に行きたかったんだけど、試験でしたー・・みたいなオチなので泣きます。

ぬおおお!!

明日学校頑張ります!では~!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

静夢 | URL | 2010/01/22(金) 12:56 [編集]
おひゃよ~。
寒いけどとりあえず晴れてる。

早速読書に励んでおりまふね。
進学組も自宅静養とは。
普通の学校こ~いう仕組みだったんだべすね。
うちは単位制だったので。
学年の終盤は出席日数との掛け合い。
まぁ、おいらは皆勤賞だったのでそこら辺は無縁だが。
それはそ~と昨日のにゃると見た?
当然姫君?が出てきて意味不明なんすけど(笑)
急に話が飛んだような気がするのだが。
それはおいらだけかしらん???

桂月 | URL | 2010/01/22(金) 19:02 [編集]
またもや寒くなってきましたね・・☆━━《《《∥b=(° °;ビーム防御

ですねえ、多分暇が合言葉になる時期なんだと思います。
あっ、でも出席日数の掛け合いっていうのは普通も似たようなもんですよ。何回以上休んだら補講が2月の三学年何人居るかわかんないような時にあるので。
体育は持久走だとかいう話なので、皆体育は絶対補講は嫌だと叫んでました・・笑。

にゃると見忘れちゃったんですけど、木の葉崩しへ行くためのキャスト探しだと思います、なので迂回ルートへ突入したみたいですね。
多分お話が判らなくても無理が無い気がしてます・・。
友達も訳が判らんわと言ってたので。
Copyright © 真夜中安息. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。