DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2010/01/24(日)   CATEGORY: 店主の宝物庫
語られた聖女の話。
―私は最後の時に貴方にきちんと、さようなら、と言えるのかそれだけが不安で仕方が無いのです。

私の目から見て、アーサーさんは”健康”になっている気がした。それは喜ぶべき事でもあり、同時に例の挨拶を言うべき時が目の前に迫っている事を静かに私に伝えていたのでもあった。

『兄さん、これから又何処へ行くの?』
『そうだね。とりあえずこのまま砂地を抜けて、白海近くへ行って見ようかと思うけど・・良いのかい?』
『何がです?』
兄の言っている意味が判らず首をかしげる。

『アーサーが作る国を見なくて。』
『風に流されて噂だけでも伝わりますから。』
『・・イヴ』
困った風に笑う兄を見て、私は少し心に迷いが産まれていることを認識していた。

『見届けるといいよ、イヴ。』
『見届けるって・・・アーサーさんを?』
『そう。きっと、僕等は期待しているんだ。』
『・・、アーサーさんが私たちも住めるような、”国”を作ってくれることをですか?』
『きっと僕等はとても身勝手な願いをアーサーに押し付けているんだろうね。けど、それを捨てる気もしていない。』
目を細めながら地平線を見る、あの先にはまだたくさん”国”があるんだろう。たくさん、たくさん。

『―兄さん、幸せな世界はあるの?』
『あるよ。この”世界”のどこかに。』
兄は緩く笑って見せた。

『なら、私はアーサーさんの作る”国”を見届けます。』
私の決意を兄は聞くと、片手を差し出した。

『イヴニアラ、お前に一つだけ言い忘れていた事があるんだ。』
『何ですか?』
『また会いましょう、っていうお別れの挨拶もあるんだよ。』
『兄さん、また、会える日を。』
『イヴ、また会える日を。』

私はアーサーさんが水汲みから戻ってくるのが見えて、待っていた。

『アーサーさん。』
『・・どうしたんだそんな怖い顔して。』
『お願いがあるんです。』
『お願い・・?俺に出来うる範囲ならいいけど、何だ?』

『貴方の”国”を見届けさせて欲しいんです。』

『?どういう、意味だ?』
『貴方が最初掲げた理念、それが貴方が”国”を作って”王”となっても尚続くのか、それを見届けさせて欲しいんです。』
『・・もし、俺が理念を変えたら?』
『貴方を軽蔑するだけです。』
私はきっぱりと言い切った。願い損、最終的に周りと変わらなかった、と心で思うだけ。

『きっぱりと言ってくれる・・、要するに俺は俺であればいい訳だろう?』
『そう言う事になります。』
『うん、分かりやすくて良いな。じゃあ、イヴお前は”国”が出来たら国民第一号になるな。』
『そうなりますね、不本意ですが。』
『あれか?俺は喧嘩を売られてたりするわけか?』
『私は今まで一度たりとも喧嘩を売った事も、買った事もありませんよ、アーサーさん。序でに言うなら、売り方も知りません。』
『じゃあ、あれか?無意識の中での言葉の暴力か。』
『自己完結しちゃうところが寂しい所ですよね。』

語られる、日々。語られない、日々。今でも続く、日々。

『君に素晴らしくも温かな幸せが訪れん事を。』
彼女の兄は、その回転銃のような会話を聞きながらそう祈った。ただ静かに笑みを浮かべて。

Re:アンコール!!
今晩和!イヴのお話終わりまして、又戻ります。

今日古本屋に言ってきて、見事に封神演義におとされました・・藤リューすごいな・・!

普賢の名前が出ないページから出るページまでロックオンでしたが・・面白かった。

古本屋なので真ん中抜けててちょっと分からなかったんですけども・・。いつのまにか、十二仙居なくなっててビックリした私です。

予想以上に来た。抜けていた部分がすごい気になって仕方がないです・・。

後、地球へ・・のDVDを借りたら続きが気になるところで終ってたので、明日2・3借りてきます・・!

面白い!ジョミーがひたすら可哀相なんだけども!OPのウーバーに癒されます・・のほほ。


それでは~。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

静夢 | URL | 2010/01/25(月) 12:55 [編集]
おひゃよ~。
本日も冬晴れなり。

古本屋お疲れサバンナ~。
封神だべすか。名前は聞いたことがありまっせ。
これはジャンピだったっけ?
いゃ、マガシンだったかな。
あるいはサタデーだったような。
って結局全部言ってるし(笑)
とか言ってもどれでもなかったら笑えるが。

オーディンは2個目のEDだべすか。
あぁ~あれねぇ~・・・。
ってま~たく思い出せない。
こりゃ重度のボケが始まってしまったかも?(笑)

桂月 | URL | 2010/01/25(月) 19:58 [編集]
今晩和。

マジですか!?
WJですよー(*´▽`*)
だっきという女狐の妖怪さんが、糸寸王(ちゅうおう)という王様をたぶらかして悪政になっていくんですが、そこで仙人の中でも力の強い仙人様のお弟子さんの太公望という仙人に、このだっきを討て、と命令を下す訳なんですが、どうにも宝貝(パオペエ)とか、バトルアクションって感じで面白いです。

静夢さんのボケが始まっていましたか・・じゃあ、私はそのボケ抑止をするための薬を探すたびに行ってきますね!((目的はどうした。))
Copyright © 真夜中安息. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。