DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2010/02/14(日)   CATEGORY: 未分類
墨鯉。
ひよ、ひよ、ひよ、と鳴き声が木魂する。

目端に鮮やかな黄色の毛色をして、二本足で立つ小さなひよこが居た。姿かたちはとても愛らしい。

しかし、この場合数が問題であった。

うようよと居る。夏の海のくらげのように。愛らしい鳴き声はいつの間にか、びよびよと、恐ろしい鳴き声に変化しつつある。

「なに、これ・・」
手をついている部分さえもが黄色い絨毯の様で、もぞもぞと波を打つように動く。

怖い。けど、逃げ方が分からない。そもそも此処は、

「何処なの。」
そう言って、自分の姿を見ると寝巻き姿だった。

「・・夢、夢よね、お願いだから、夢で、おきて、起きて私・・!」
必死に頭を抱えて呪文のように言ったけど、意味は無かった。

どうやったら起きれるのか、今までそんなこと考えた事も無かったのに。

ひよ、と目の前で小さなひよこが鳴いた。何かに摘まれ持ち上げられて。

「え?」
「起きたい?」
いつの間にか、人が居た。ひよこを器用に一匹掴み上げ掌に乗せている。

「誰、ですか・・・?」
泣きそうな声で言った声は自分で分かるほど掠れていた。

「バク。」
単語がぽんと出た。

「バク、って動物の・・?」
「いいや、”夢を喰らう獏”さ。ここは、君の夢。そして、このひよこ達はね、君の積もりに積もった、”嫉妬”さ。」
「私の、嫉妬・・?」
「小さな、嫉妬をたくさんたくさん抱え込んで詰め込んだ結果がこれだよ。」

ひよ、ひよ、びよ、びよ。私は唖然として、それらを見た。

「彼らを喰うのは容易いけど、僕は君以上に、このひよこたちの声を聞いてる。」
「え?」
「頼むから、僕を眠らせてくれ、安らかに、何の邪魔もしないで。この約束を守れるなら、君のその、夢喰って上げよう。」
懇願するように目の前の人は言う。私は混乱した。どうして、私が悪いように言うのだろう。

「まるで自分が何をしたんだという顔をしているね。」
「・・だって、私は何も、」
「違う」
「!」
「君達は何時だってそうだ。自分は何も悪くない、とこぞって言う。けどね、僕にとっては、それだけで充分害があるんだ。考えてみくれよ、ひよこが毎日毎日枕の側でひよひよひよひよ、鳴いているんだ。ゆっくり寝られやしない。だから、今日は老体に鞭打って色んな所を探してた。」
「何で・・」

「寝たいから。それで、公園で君を見つけた。で、守れる?」
「どうすれば、見ないように出来るんですか・・」
「”嫉妬”の感情を認めればいい。」
「無くす、とかじゃないんですか。」
「出来るのか?」
「うっ!」
出来ないから、認める。認めたくないから、無くす。そんな感情のリサイクル。

「努力はしてみるのは良いけど、無理なら、認めることをすればいい。分かった?」
「・・、はい。」
ひよ、と自分の頭の上で鳴き声が聞こえる。認めれなかった、自分の、気持ち。

「・・ごめんね。」
ぽつりと言った言葉自体私が私に向けた最後の謝罪だろう。


「通り堂さん」
「なんだ?」
「珍しく、玖場さんが居ないんですね。」
「何か朝早くから出かけていった。」
「へー・・・、今日の晩飯って何ですか。」
「鶏の料理が良いとか、言ってたからな・・、煮物にしようかと思う。」
「煮物かあ・・、じゃあみかん食べよ。」
「どういうつながりだよ。」
「腹ごなしには丁度いい、って感じですかね。それにしても、鶏かあ・・きっと夢が鶏だったんでしょうね。」
「・・たまったもんじゃないな。」

Re;The autumn sky is such a hue.
((↑秋の空はそんな色合いだ。

今晩和。今朝からずっとゴッドイーターやってた桂月です。

けども、ずっと同じところで負けまくってて内容が進んでいないという悲しい自体ですww

いいところまで行っても時間が足りないという展開になってしまいますww進めるのか、私。

以下、drrr!!の感想が続いたりします。興味ない!って人はもう無視で。

・6話:東奔西走

・ドタチン ^p^!!
・まさかのそういう職人系でしたか!てっきりガテン系かと思ってたんですけど。
・ワゴンの人達みんな性格が可愛いです^^
・カズターノさん個人的にいいww
・ルリちゃんがおでましだ!!
・いまでもたまにみかけるよ、ドタチンww
・新羅のドジ度に私はセルティ側につきたい。
・小説のあれがでた!!
・ぴぴるぴる天使が~のくだりがすごいいいです。
・カズターノとドタチンに渡草さんの朝の儀式を写メって良いですかww
・というか、あのオペラな感じのはどうしたのww

・ 次回。
・^p^ !! 何か居たぞ!?
・・・・  ^^!!!ちっこいミニマムな、あのお方が!!
・これは過去フラグ・・なの?え、どうしよう。そわそわする!!
・来週私どうしたらいいのww
・とりあえず正座?正座ですか??
・おせんべいとかも用意しとくべき??
・桂月は動揺している!
・よし、みんな正座でお出迎えしようね!!良い子のお約束だヨ!


そんな訳で、寝ます!よし!あと、誰かボルグ・カムラン倒して!((←
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © 真夜中安息. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。