DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2010/03/08(月)   CATEGORY: 未分類
彼方の旅行記。
―世界は広い。世界は果てしない。世界は優しい。世界は残酷。世界は、

ガコッ、という音がとある駅で小さく響いた。見れば、女性が引いていた移動式のトランクの車輪部分が排水口のフィルターに嵌ったらしかった。だがこの女性は不思議な事に、移動式のトランクとは別に茶色のトランクを手に持っている。あっちが貴重品様といった所だろうか。

駅はこの街では一番大きなものでガラス張りの内部は未来的だった。今日はその開通記念日で、自分は晴れてこの駅の駅員になれた。それはもう血反吐を吐きたくなるくらいの試験をパスして。

その為、今は気分が良かった、そう偽善と言われそうな人助けをしたくなるくらいに。

「Werden Sie jetzt mit Wetter helfen?(今日和、手伝いましょうか?)」
声をかけると、女性はどうやらアジア系だったらしく言葉が通じただろうかと思った。その予感は見事に的中したらしく女性は首を傾げている。

どうしようか、と思っていると女性は茶色のトランクを置いて、移動式様のトランクの車輪を器用にフィルターから出した。そして、茶色のトランクを持ってすたすたと歩き始める。

偽善を見事に捨てられた瞬間だった。

「ぶわははっはははは!!」
そんな馬鹿笑いが響いたのは夜になって同僚と夕食を食べに行って暫らくの事だった。

「じゃあなんだ、お前は見事に捨てられたのか!悲しいな、笑って良いか?」
「少しはコイツの寂しさを分かってやれよ、メトン。コイツだって俺たちに話したら・・馬鹿笑い・・されることくらい・・くくっ」
ビールとソーセージというこの国ならではの食事が並ぶ中、同僚である二人は笑う。いいさ、こいつ等に話せばこうなる事くらい分かってた!

「それにしても、お前はこっちじゃ放って置かない女性は居ないのに、アジア系からすればお前は駄目だったのか?」
「知るか」
「メトン、あまり怒らせるなよ。」
「でもノヴェ、俺はそのアジアの女性にあってみたいよ、でもってその捨てられた瞬間を再現してもらいたいね。」
「最悪だな、メトン」
「ダンケ!最高の褒め言葉じゃないか!」
そう言ってぐいぐいとビールを飲むメトンと、ジャガイモとブロッコリーの温野菜を食べるノヴェ。それに負けじと、俺もソーセージにかぶりつこうとした。

カラン、と店のドアが開き入ってきたのは昼のアジア系の女性だった。
ぽとり、と俺はフォークからソーセージを落とした。そんな反応を見て取ってか、メトンとノヴェも俺の視線を追い話し掛けてきた。
「おいおい、もしかしてあの人がそうなのか?」
「・・・間違いない、」
「よしっ、声をかけてこよう!」
俺はあまりの衝撃に追いつけておらず、メトンが何を言っているのかも理解していなかった。

「メトンが行ってしまったけど良いのか?」
確認するようなノヴェの声で俺は現実へと戻った。はっとして、扉を見るとアジア系の女性と馴染みの店主、そしてメトンが話し込んでいた。慌ててそちらへ向かうと、どうやら話し込んでいるのは店主とメトンの二人のようだった。女性は首を傾げている。

「おい、メトン」
「なんだ?」
「その人はドイツ語は話せない。」
「なら、英語か・・あー、Where did you come?」
すると、女性ははたりとしてfrom japanと答えた。

「なるほど、日本!富士山、腹きりの国か!」
「じゃあ、メトン、お前さん方の席に一緒でいいんだろ?」
馴染みの店主はとんでもないことを行っている。

「ああ、俺とノヴェは英語少し位なら話せるし。」
「ちょ、待て、メトン」
「・・・・?」
女性は首を傾げている、ただならぬ雰囲気を感じ取ったんだろう。

「彼女は一人で食事する為に来てるんだぞ。」
「だが、ドイツ語はサッパリだし、俺たちが居れば説明も出来るじゃないか。」
「そう言う問題じゃ、」
「ちょっと待て・・If it is good, will you accompany it?Can , German be spoken the encounter?」
「・・If it is English, it is possible to speak though German cannot be spoken. Please let me invite it by all means if you can explain the menu in English for you. ]
「よし、決まりだ!」
メトンは女性に手を差し伸べる。女性は一瞬きょとりとしたが握手と分かったために手を差し伸べ、握手をした。こういうところはこいつのすごい所である。国境は関係ないんだといわんばかりのところが。

そういって彼女の手元を見る。茶色のトランクが握られている。やっぱり貴重品入れなのだろうか。

ノヴェがビックリしたように女性とメトンそして俺を見た。
「どうなってるんだ?」
「・・メトンに聞いてくれ。」
「一緒に飯を食うことになった、拒否は認めないぜ。」
「別にこっちはかまわないが、こいつは居た堪れないぞ?」
「それも兼ねて話せばいいじゃないか。あ、英語は話せるらしいから英語で。」
「了解」
ノヴェはじゃがいもと空豆のキッシュをもぐりと飲み込みそう言った。

女性は何処に座ればいいんだろうと言う表情をしていたので、隣りの椅子を引いて椅子を軽めに叩くと、女性はそこへ座る。どうやらジェスチャーでも意外にいけるらしい。トランクは左、俺の右に置かれた。

「で、名前とか聞いたのか?」
「あ、聞いてない。」
「メトン、・・・My name is called nove.You?」
「Nice to meet you nove.My name is kanata.」
「カナタ?」
思わず復唱すると女性はこくりと頷いた。するとメトンが女性に向かって話し出す。

「My name Meton and here・・Ein」
「Nice to meet you Meton and Ein」
俺とノヴェに向かって手が差し伸べられ握手をした、メトンは先程握手したための考慮だろう。

そして彼女の目がノヴェが食べていたキッシュに向けられている事に気づいた。一切れ切って更に持って渡すとカナタはきょとりとしてこちらを見た。

「May I eat though it is the one for which you were asking?」
「If it is possible to pay only for the fellow to have eaten, it is good in it later. 」
そう言うと、彼女はしばし考え込んでか、ダンケ、と返した。何故そこだけドイツ語なんだ。

Re;It appears in other side and Germany.
((↑彼方さん、ドイツに現れる。

※注訳;英語やらドイツ語やら入り混じれてます・・すいません。以下訳を交えつつ。

メトンと彼方さんが英語で会話してる所。

「もしよければ一緒に食べないか?あ、ドイツ語は話せる?」
「ドイツ語は話せませんが、英語なら話せます。もし貴方方がメニューを英語で話してくれるのなら、是非招待してください。」

エインと彼方さんの会話。

「貴方達が頼んでいたものなのに食べてもいいの?」
「後で食った分の奴だけ払ってもらえればそれでいいさ。」

やたらめったら長いのと、後突発でした。

エインの名前だけは、ちょっと真面目に考えました。(おい)

ドイツというイメージでやったので、ドイツの神様から名前を捩ろうと思い検索してたら、オーディンという北欧神話の神様が居るんですけども、その神様と一緒に戦場で戦った戦死した勇者の魂の事をエインヘリャルというらしいので。

ノヴェは、ラテン語では新しいを意味し、英語では新星とかを意味するノヴァをいじりました。

で、メトンですがメタンというのが先に思いついたんですが、それじゃメタンガスじゃねぇか!と思いメトンにしたら、アテナイのメトンさんという有名なギリシャの数学者の方のお名前と被りました・・!

偶然怖いよ・・!

で、又続きます。若干玖場さん側を優先しつつ。では!
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

静夢 | URL | 2010/03/09(火) 13:06 [編集]
おひゃよ~。
この時期にみぞれってど~ゆこと?

面接通過おめでちょ~!
おいらは不発だすたけど(笑)
レジ打ちをカタコトとぎゃんばるんだすね。
あれはスマイルが大事っすよ。
でもそこら辺は若さで押し切れることだしょう。

昨日新ネタを購入しにゲ○に行ったけど。
セールの値段ではなかった。
というか何時もはセールのチラシを貼ってあるのに。
今回はそれすらなかった。
これって「当店ではやってませんよ」みたいな?
聞いてそんなことを言われたらカッコ悪いので。
聞く勇気がまりましぇん(笑)
ちなみにlinkが売ってたけど。
10%引だったでござる。

桂月 | URL | 2010/03/09(火) 18:39 [編集]
今晩和!
みぞれ・・、こっちでは春吹雪か吹いてたらしくてビックリですよね。

不発でしたか・・・!
レジ打ちってなんだか体力と気力勝負ってイメージが凄くあります。若さで押し切れるよう頑張りますね(笑)

そういう事ってたまにありますよね、この日は物が安くなる何とかの日だから~って行ってみたら全然お安くなってない、と。
私の場合は目下、スーパーのお品なんですけども(笑)
10%引きですか、うーんそんなものなんですかねぇ。
ちなみに、蔦屋は700円くらいお安かったかなと思います。
此処らへんの微妙なさも、ゲームとか扱ってる店にとっては死活問題なんでしょうね・・。

お粗末!
Copyright © 真夜中安息. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。