DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2010/04/28(水)   CATEGORY: 店主の宝物庫
添柿。
潮で湿らされた海岸の砂地を家を求めてゆったり歩むヤドカリ。

駄菓子屋で一仕事をしたと彼女は思いながら家への帰路を進んでいた。そういえば、我が家には半月ほど前から居候が居る。薄い芝色をしたカンカン帽子に寅さんみたいな首吊り財布、狐みたいな細長の目をした商人の人。

そんなこてこてな人がどうやって来たのか、答えは簡単だった。飲み屋で意気投合したお父さんは、そんなこてこての人物の『行く当てが無い』の一言に既に会社の同僚の人たちと飲んでいてフラフラになった千鳥足ながらも『大船に乗ったつもりで来いいいい』と若干呂律が回っていない口で言いつれて帰って来た。お母さんはといえば、『あらまあ』と一言言い客人もとい居候を迎える準備をした。

「お、嬢ちゃん」
声の方向を見ると正しく居候が居た。レジャシートの上には品物が乗っているが相変わらず価値という価値がわからない代物がたくさんだった。

「今日はえらい帰るん早いなあ」
「駄菓子屋さんに寄ったんだけど、そんなに長居しなかったもの。」
「道理で、じゃ帰りのお供しましょ」
どっこいしょと呼兼君のお爺ちゃんでさえ言わなかった魔法の台詞を吐き捨てた主を半眼で見ていた。疑いの眼差しという奴である。

「わあー言い訳だー」
「何言うてるんでしょ。このお嬢ちゃんは。」
そう言ってむにいいと頬を摘まれた。

「売れないから畳むんでしょう。」
彼女がそう言うとやれやれという具合に居候は首を左右に振った。財布がピョコンピョコン動いてる。

「そんな嬢ちゃんに得する事教えといたげましょ。」
「へー、何?」
「本物の商人はな、物の売れ日が分かるんや。」
「・・・主婦?」
「ちゃいます。なんちゅうかなあ、これは後二日で売れそうやとか、こっちの品を買いに来る人がこらしゃるなあとか、まあ感覚的なもんや」
「へー、」
そう頷いていると唯でさえ狐目の目が細められる。今何が見えてるんでしょうね。

「んじゃま、得したところで授業料頂きましょ。」
「うっわ、最悪!」
居候の知恵は偶に役立つ。けども、知恵の授業料をふんだくられる。お菓子とか、お菓子とか。

「最悪も醜悪もない、ほらほら!」
「えー、あー、あー・・あっ10円!」
「えっ、何処!?何処!!」
居候の視線が彼女が適当に指差した場所に向けられた。

ヤドカリ、それが彼女につけられたあだ名。ヤドカリの歩みはゆったりしてる。

まあ、彼女は人なので全速力で走ったけども。

Re;Oh, it is a fixture.
((↑まあ、お約束ですよね。

今晩和。

商人さん登場です。今日はっと来た話ですが、如何せん短い・・・?まぁ、こっちの方が簡潔で良いよねと思ってます。

商人と一括りに言っても商人にも歴史があるようなのですが。やっぱり商い所といえば、大阪の堺ですね。何しろ将軍の台所・・、すげえよ大阪となるのですがその当時の大阪の阪は坂でしたので受験生気をつけろよ!

しかしウィキで今色んな商人さんの歴史を見てるんですが、呂栄さんが一番自由奔放じゃないかな・・・?贅沢の極みで叱られたそうです。そしてやっぱり商人と言えば越後屋ですね・・越後屋そちも悪よのう・・(ニタリ。

更に、七福神で商売の神様だとも言われる恵比寿様の銅像が、宮城県気仙沼市五十鈴神社浮見堂にあるらしいんですが・・ウィキの写真がもう何か・・すごいです。かっくいい。

恵比寿様も歴史が深いんですよ、イザナギとイザナミの最初の子供とか、大国主命の子供であるとか、何か色々説があるみたいですね。深いなー。

とりあえず商人の居候と宿借りお姉さんのお話でした。商人さんですが、添柿と書いてソエガキと言います。お姉さんに名前無いのにどういうことだ、と自分自身に抗議を立てます。

で、やっとこさ練り練りの大まかな図が出来ました・・さっき。いつもこっちにぽっぽらぽっぽらあげているのもながれなんて考えてないので、ウンウン唸ってました。

近々アルチェの話もあげたいなとか思いながらもあげれてやれない私・・・くっ!

えー、エクセルですがお互いライフ1になるまで殴り合いの決闘状態です。

私; 『お前さっき掛け算出来ただろうがあっ!オラァ!』

エクセル: 『使う方程式間違ってんだよぉ!ウラァ!』

みたいな。

大体あってます・・第一人間が人間が長い計算とか超面倒臭えよとかいう理由で出来上がった三人寄らば文殊の知恵を軽く超える奴に真っ向から挑んでいるのを考えると、人間って度胸あるんだなと良く思います。

そうだよね・・・?

そして真っ向勝負を挑んだ為か、早くもノートが1冊目終りました。・・・・、ふっ燃え尽きたぜ。

カラフルの小説ときつねのはなしが読みたいなー・・ないかなー・・。

グダグダしてますが、お粗末さまです。(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

静夢 | URL | 2010/04/29(木) 12:29 [編集]
おひゃよ~。
本日も晴天なり。しかし風が尋常じゃない。

あらまぁ~。
ついにエクセルと会話でけるようになってる(笑)
表計算って10年以上前に使ったことあるけど。
あのときはシンプルだったので良かったけど。
今のはかなり厄介になってるんだすね。
ってノートにもメモることがいっぱいあるとは。
しかも1カ月そこそこで終わっちゃってる。
恐るべし訓練校・・・。

1500円ってハードブックの小説だすたか。
ハードブックになると急激に値が張る。
ある種詐欺っすよ(笑)
そ~いえばファンタ○ースター買いにゲ○に行ったけど。
東京は売り切れになっておりまひた。
売り切れになってたとこで全国的に売れたかは定かではないが。
前例でLinkみたいなことがあったので(笑)

桂月 | URL | 2010/04/29(木) 20:35 [編集]
今晩和。

エクセルとルール無用の極限ファイトを繰り返しております・・((笑。
表計算は中々に辛いですね・・、後フローチャートが一番難しいです。どうも私は何かを作る、というふわふわしたものを形にまとめるのが苦手みたいで・・四苦八苦しております。
座学だけで既にこの状態なことにビビってます。10冊入りと5冊入りで悩みましたが、一応5冊入りにしました。
すごいですよね・・訓練校。

ハードブックだと装丁もかなり凝ってる物が多いですし、何より大きいですからね・・後原稿の量も上乗せされてな状況になるので近頃のハードブックはこんなものですね。
あれれ・・、売り切れでしたか。
こっちはどうなんでしょう・・最近めっきり行ってないので本当に分からないのでなんとも言いようがありませんが。
Linkは結構読めない作品でしたね・・、売れてるの・・かな?
Copyright © 真夜中安息. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。