DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2010/05/28(金)   CATEGORY: 店主の宝物庫
悪しき人たちの食卓。
―ほら御覧、ひんがしの火の鳥とにしの風の龍が今にも互いを食おうとしてる。

「何だと、」
青年は小柄な女性を目の前にそう言った。

「私は少なくとも貴方の名前を知らない、他人の定義に当て嵌まるとは思わない?」
「・・・その他人が何でわざわざ関わりたがる。」
「私は貴方は知らないけれど、そこの二人は知ってるもの。」
地面に倒れて動かない二人を女性を見て言う。

「ワニイの知り合いか・・。お前ワニイの彼女か何かか?そりゃあ災難だ。だけどな俺を怨むなよ、他を怨め。」
彼女は青年をつまらなさそうに見た。

「貴方馬鹿なの?」
「・・・どういう意味だ?」
「私がワニイの彼女なら私は彼を見捨てるわ。」
「はあ?」
「私は私の後始末をつけに来ているだけ。彼の為ではないもの。」
「なんだそりゃ、じゃあ聞くけどあんたの始末ってなんだよ?」
青年は小馬鹿にした調子で彼女に尋ねる。だが、彼女はそれでも彼女のままだった。

「お人好しがどうとかこうとか、そんなつまらないことに揺られて自分の感情を曝してしまったことよ。・・それに、決まってるのに。私が感情をどんなに仕舞ったって、どんなに無いことにしようとしたって、私は”私”を亡くせない。私のままなのに。」
彼女は苦笑を浮かべながら誰でもない自分にそう言った。

『もう、良いよ。』

彼女が吹っ切れた瞬間だった。だが、青年には何の話なのかサッパリ判らず眉を顰めて彼女を見た。彼女は青年を見据えた。迷いはもうない。

「貴方は彼等を身代わりにすることは出来ないわ。」
「あんたがそこの奴等を倒していけるほど腕力があるようには見えないけど?」
「確かに。私は貴方を私の”推理”で負かせるだけ。」
「・・はは!あんたも切れ者かよ!負けさせられるものならやってみろよ!」
「やってみせましょう」

ガラ、ガラ、空箱の音がしてる。

「貴方は詐欺事件が起こった会合全部に名前を変えて行っていたでしょう?」
「証拠は?」
青年は何処か余裕そうな笑みを見せた。まあ、当たり前だろうなと彼女は青年を見る。

「貴方の顔を少し覚えている人がいる。」
「俺は一回も行った事が無いのに?不思議だ。」
しらばっくれている青年を彼女は別に気にしては居なかった。

「そう。ところであの詐欺にはたくさんのサクラを使ったのね?」
「なかなかのアイデアだろ?まあ、そっちも引きあがらないだろうけどさ。何せ、詐欺のアイデアを考えたのはそこのワニイだからな。そいつも馬鹿だよ、このままいつも通りに続けときゃんな目にも合わなかったし、そいつの友達だろ?そっちも巻き添え食らわずに済んだってのに。」
けらけらと青年は笑う。

「まあ、仮にだ、あんたの言うように俺がこの詐欺に関わっていたとしよう。俺は絶対に素性をばらすような真似だけはしないね。」
「・・要するにミスは犯してないって言うの?」
「そう言うこと。」
その言葉を聞いて彼女は体を曲げて笑い始めた。

「何が可笑しい・・?」
「ミスを犯さない人間なんて居る訳無いじゃないの。何かしら小さなミスを犯しているのよ、貴方もね。」
青年は眉根を寄せて女性を睨んだ。

「貴方は確かに名前を変えてサクラやホテルの手配もしてた。ここまでは完璧よ。けど、詐欺で使った出展品は貴方でもサクラでもない。貴方の知り合いがあそこへ運んだんでしょう?」
「・・・証拠は。」
獣が威嚇するような低い声で青年は女性を睨む。

「貴方の知り合いに私が貴方の知り合いで今度使う出展品を頼みに来た序でにって言って、貴方のこれまで頼んだ物の明細票や運び場所、それから日にちを書き込まれたファイルを詳しく教えてもらったのよ。」

ガラ、ガラ、空箱の音はひどくなるばかりだ。

「は、はは、はっははっは!」
ゼンマイが切れた様に笑い出す青年。そして呼吸を整えた青年は彼女を見据えた。

「大当たり。」

ガラ、と一際大きな音が鳴った。

Re;A liar and a good-natured person.
((↑嘘吐きとお人好し。

今晩和。待ちに待った休みです。イエーイ!

まあ、淡々と進めております。ミネガマたちの話ですが・・何日くらいあいてたんだろ・・と地味に考えています。

短かったり長かったりとまちまちですが後もうちょこっとで終わりそうです。

一応主軸にしてるのは”因幡の素兎”です。

これが改めて見ると酷い話なんですよねえ・・。

ヤソ橋って話の中で使ってるのは八十神(ヤソガミ)のヤソ、です。

この八十神は大国主、当時の日本を作ることを任された神様の兄弟だったらしいんですがどうやらヤクザ者だったらしいですね・・。性格は極悪極まりない、ということで。

私もヤソ神様は調べるまで知らないと思ってましたが、火達磨にさせた猪を山から突き落としてとある神様をそれの巻き添えにさせて殺そうとする話で、これもヤソ神様なんですが、ここでやっと思い出しました。

ヤソ神様が陥れようとした人は他の女の神様、確か命とかにまつわる神様が助けたんじゃなかったろうかと。

そんなヤソ神様が素兎に対して「お前、塩水で体洗っとけよ」といった訳です。

素兎の場合自業自得なんですけどもね・・、で塩水で体を洗った素兎が唸っている所を見て事情を聞いてガマの粉を体にまぶすといい、という助言をくれたのがヤソ神様達の中でも善人な神様で、上では火達磨猪を落とされた主なんです。

あ、ヤソ神様は八十神様と書いてあるとおり、結構な事人数がいます。

探すのすごい面倒くさいです・・・・。

最近四畳半が人気が出てきているみたいで嬉しいです・・!良いよね!

私は樋口師匠だけど!後あれね、小津君。

なんだかんだで、先輩の恋路を一生懸命作ってるよねっていう。

さすが日本海溝まで続く運命の黒い糸。

1話の風が冷たいの、に対する先輩の返答が良いわー。この寂しがりやさんが!

布教しておこう。

もうすぐしたら、屍鬼も始まるよね・・!楽しみです・・凄く初回から楽しみなんですけど、見えるかなー。

徹ちゃんが本当に予測不能すぎて誰になるのか楽しみです。

そして今日何故か帰り際から凄く気分が悪かったんですが・・やっと持ち直しました。

学校で、今度気分悪い時の話でも書こうかと思ってたせいですかね・・・。

罰があったったわ・・・、まあ書くけど。

それではお粗末様でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

静夢 | URL | 2010/05/29(土) 12:23 [編集]
おひゃよ~。
今日明日と雨の予報っすね。

ヤソ神様が連呼されてる!?
これほど連呼されるヤソ神様は何者なんだろうと気になった(笑)
そ~いえばGEの新作が開発されてる噂。
近々GEの制作チームが何か発表するそうで。
新作なのではという話題になってる模様。

って自己暗示にかかってしまったぽい?
ならばこれを逆手にとって。
今日はマネーを拾うと思ふと。
マジで拾っちゃったりして?(笑)

桂月 | URL | 2010/05/29(土) 19:10 [編集]
今晩和。

ヤソ神様連呼ww私連呼しすぎてますねww
やばいです、私一人に愛されですねヤソ神様。
うえええええええええええええええ!?
本当ですか!?え、どゆこと!?((パニック。
GEの新作・・ソーマたちはいるんでしょうかねえ?
気になりますが、イナイレ3も気になりますww
うーん、あにめ化とかそういうのではないんですよね・・クオリティ高かったしそれもありじゃないかなと一人想っているんですが。(笑)

お金欲しいですねー・・、というか最近家の近くのマンションが修繕工事をやってるみたいなんですけどそこでなんていうか、こう、嫌なにおいが充満しているのでそれもあるかもしれません。
うおお、鼻がもげるorz
Copyright © 真夜中安息. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。